熊本大学大学院生命科学研究部 神経精神医学分野:神経精神科

新着情報

【採用情報】荒尾市勤務事務補佐員募集(H30年4月採用)

Posted : 2017年12月28日 15:35 | Author : 熊本大学医学部神経精神科医局 |
熊本大学神経精神科では、欠員補充に伴う荒尾市医師会在宅ネットあらお勤務の事務補佐員を募集致しております。荒尾市在住の地域住民を対象としてH28年-29年に実施された、大規模認知症調査に関する現地での研究支援事務全般に携わっていただきます。詳細は下記の通りです。荒尾市の関係協力機関や地域住民の皆様を繋ぐ大切なお仕事です。ご応募をお待ちいたしております。

<募集要項>
1. 職  種: 事務補佐員 若干名
2. 雇用形態: 非常勤パートタイム、年度毎更新(最大5年)
3. 採用日:  H30年4月1日(応相談)
4. 勤務地:  荒尾市医師会在宅ネットあらお(荒尾市宮内1092-18)
4. 応募資格: 専門学校・短大卒以上、PC必須(Word・Excel)
5. 業務内容: 荒尾市在住の地域住民を対象としてH28年-29年に実施した
       大規模認知症調査に関する現地でのコーディネート・研究支援事務全般
6. 選考方法: 書類選考および面接
7. 選考日等: 書類選考通過者に随時連絡
8. 応募書類: ①履歴書 (市販のもので可。6ヶ月以内の写真を貼付してください。)
       ②職務経歴書
      *なお、提出された応募書類は返還しませんのでご了承ください。
9. 応募方法: 上記①②を一括して下記あて郵送
10. 書類提出先:熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学分野
       〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1 
11. 応募締切:随時(採用者が決定次第終了) 
12. 問い合せ:【募集・業務に関する事】
       熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学分野
       電話 096-373-5184(直通)
      【処遇に関する事】
       熊本大学生命科学系事務課医学事務チーム総務人事担当
       電話 096-373-5014(直通)
13. 処  遇:◇給 与:当院規定による
         ~20歳 時給 844円
        21~24歳 時給 938円
         25歳~ 時給 1,072円
        ※年齢は平成30年3月31日現在を基準とします
      ◇勤務時間: 9:00~16:00 週30時間勤務(応相談)
      ◇休日休暇: 土日祝
            有給休暇(採用7か月目に付与)、特別休暇(夏季・年末年始・忌引等)
      ◇保 険:  健康保険・厚生年金・雇用保険制度に加入し、
            医療給付、年金給付、失業給付等が受けられます

【二次募集】H30年度精神科専門研修プログラム

Posted : 2017年12月20日 11:24 | Author : 熊本大学医学部神経精神科医局 |
H30年度熊本大学医学部附属病院神経精神科専門研修プログラム専攻医の二次募集が現在行われております。

募集期間:H29年12月16日よりH30年1月15日まで

詳細は当教室研修プログラムのページ、
及び当院総合臨床研修センターの二次募集告知をご参照下さい。

同門会員の皆様へ:第97回熊本精神神経学会について

Posted : 2017年12月 4日 11:12 | Author : 熊本大学医学部神経精神科医局 |
第97回熊本精神神経学会の演題登録を開始致しました。
詳細につきましては同門会員ページよりご確認下さい。

【開催御礼】第35回日本森田療法学会

Posted : 2017年11月13日 17:19 | Author : 熊本大学医学部神経精神科医局 |
第35回日本森田療法学会はお蔭様をもちまして多数の皆様にご参加頂き、
盛会のうちに終了いたしました。
ご参加頂きました皆様、ご協力頂きました関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。
              平成29年11月13日 熊本大学神経精神科

---------------

この度、第35回日本森田療法学会を下記日程にて開催させていただくこととなりました。
森田療法は1919年に精神科医、森田正馬により創始された、主に神経症性障害を対象としたわが国独自の精神療法です。今回森田正馬先生の母校である旧制第五高等学校(五高)のあった熊本大学黒髪キャンパスにおいて、同学会を熊本大学保健センター教授の藤瀬昇(当教室の前医局長)を大会長として、当教室が事務局となり開催致します。

秋の熊本で開催される本会が会員の皆様の研鑽と交流の場になり、そして熊本のさらなる復興に少しでも貢献できることを願っております。関係の皆様の多数のお越しをお待ち申し上げます。

※7月28日にて演題募集を締め切りました。沢山のご登録、ありがとうございました。

<第35回日本森田療法学会>

1. 名 称: 第35回日本心理学会学術集会
2. テーマ: 森田療法と五高
3. 主 催: 第35回日本森田療法学会 大会長 藤瀬 昇
      (熊本大学保健センター 教授)
4. 会 期: 平成29年(2017年)11月11日(土)~12日(日)
      ※プレコングレスセミナー:平成29年11月10日(金)午後
5. 会 場: 熊本大学工学部百周年記念館
      インキュベーションラボラトリー 他
      (熊本市中央区黒髪2-39-1)

大会ホームページ http://www.c-linkage.co.jp/jsmt35/ 

精神科セミナーのお知らせ

Posted : 2017年11月13日 09:20 | Author : 熊本大学医学部神経精神科医局 |

本年度も、前後期研修医、大学院生を中心に、医師、看護師や臨床心理士などのコメディカル、学生のみな様の勉強の場として活用していただくため、精神科セミナーを開催してまいります。


◎ 平成29年度

第9回: 平成29年11月20日(月)18:30~ 
場 所: 附属病院 新中央診療棟2階 集団精神療法室
テーマ:  「精神保健指定医の申請手続きについて」
講 師:  山内 祐一郎 様
             (熊本市健康福祉局障がい者支援部
               障がい保健福祉課 精神保健福祉室 主事)


以降の予定につきましては、開催決定次第告知致します。

会場の詳細・これまでの精神科セミナーについてはセミナー情報ページをご参照ください。

【更新情報】H30年度精神科専門医研修プログラム

Posted : 2017年9月11日 15:34 | Author : 熊本大学医学部神経精神科医局 |
H30年度の専門医研修プログラムについて、
熊本大学病院の専門医研修プログラムの更新に伴い
当科の研修プログラムを更新致しました。

下記ページよりご参照下さい。

【開催御礼】平成30年度熊本大学精神科新専門医制度説明会

Posted : 2017年7月18日 08:50 | Author : 熊本大学医学部神経精神科医局 |
 平成30年度4月からの精神科での新専門医制度専攻を検討されている先生を対象に、先日熊本大学の神経精神科で新専門医制度についての説明会(入局説明会)をおこなわせていただきました。ご参加いただいた先生には御礼を申し上げます。
 また、ご参加いただけなかった先生におかれましては、引き続き説明会や見学の機会など、随時受け付けております。ご希望の先生は入局者募集ページに掲載されている連絡先へご連絡をお願いします。興味のある先生はお気軽にご連絡頂ければと思います。

平成29年7月18日  医局長 城野 匡

-------

平成30年度4月からの精神科での新専門医制度専攻を検討されている先生を対象に、
下記の日時で熊本大学の神経精神科で新専門医制度についての説明会(入局説明会)を
予定しております。興味のある先生はお気軽にご連絡頂ければと思います。

                                                                         医局長 城野 匡

日 時:平成29年7月15日(土)17時から
場 所:熊本大学医学部附属病院神経精神科
    ※詳細はお問い合わせ頂いた際にご案内致します

1234567891011  

最新の記事

過去の記事

ピックアップコンテンツ

セミナー情報
今後のセミナー情報を掲載していきます

研修プログラム
プログラムの概要や特徴・週間スケジュールなど

スタッフ紹介
私たちが神経精神科のメンバーです

熊本県認知症疾患医療センター

熊本県高次脳機能障害支援センター

熊本県発達障がい医療センター

診療のご案内:外来担当医のスケジュールはこちら

入局者募集中

熊本大学医学部附属病院 神経精神科 医局 〒860-8556熊本市中央区本荘1-1-1診療のご予約・お問い合わせは、熊本大学医学部附属病院 外来予約センターTEL.096-373-5973(受付時間:午前9時〜午後5時)

私たち熊本大学神経精神科は、社会問題にもなっている認知症、最近の自殺の増加で注目をされているうつ病、自閉症を中心とする発達障害、新しい薬物療法と生活支援により社会復帰が主要な治療目標となった統合失調症、などを取り扱う精神科医療専門の診療科です。当科では、バランス感覚のとれた優秀な若手精神科医の育成を目指しています。県内外の関連病院の全面的な協力のもと、様々な精神科医療の現場を経験できる研修システムを構築しています。研究に関しては、様々な場所で臨床ならびに研究のキャリアを積んだ教官のもと、若い先生方の研究意欲にも幅広く対応できます。