熊本大学大学院生命科学研究部 神経精神医学分野:神経精神科

研究業績

1976〜1980年の研究業績

原著論文

1976年(昭和51年)
1.宮川太平, 弟子丸元紀, 服部英世, 鹿井 功, 下地明友, 藤本敏雄, 永利憲一. ステロイド剤投与による中枢神経系の微細構造変化. 精神薬療基金研究年報 8: 1-5, 1976.


1977年(昭和52年)
1.宮川太平, 鹿井功, 下地明友, 永利憲一. 実験的ステロイド剤投与による中枢神経系の変化. 精神薬療基金研究年報 9: 1-3, 1977.

2.Miyakawa T, Hattori E, Shikai I, Shimoji A, Nagatoshi K, Suzuki T. Histopathological changes of chronic alcoholism. Folia Psychiat Neurol Jap 31: 253-261, 1977.


1978年(昭和53年)
1.Miyakawa T, Shikai I, Shimoji A, Nagatoshi K, Mimura K. Ultrastructural study of a patient with progressive dementia showing special intraplasmic inclusions in diffuse cerebral cortex: mechanism of inclusions production. Acta neuropathol (Berl.) 44: 223-228, 1978.


1979年(昭和54年)
1.Miyakawa T, Shikai I, Shimoji A, Kuramoto R, Nagatoshi K. Electron-microscopical study on senile plaques in Alzheimer's dissease. Folia Psychiat Neurol Jpn 33: 197-203, 1979.

2.宮川太平, 鹿井功, 下地明友, 倉元涼子, 永利憲一. 実験的有機水銀中毒: (1) 有機水銀投与量と神経系の組織学的変化, (2) 有機水銀投与による脊髄・延髄の組織所見. 水俣病に関する総合的研究: 昭和53年度環境庁公害防止等調査研究委託費による報告書: 35-36, 1979.

3.Deshimaru M, Miyakawa T, Hattori E, Shikai I, Shimoji A, Nagatoshi K. The effect of hyperthyroidism induced by thyroideum siccatum on the central nervous system: an electron mircoscopic study. Folia Psychiat Neurol Jpn 33: 517-523, 1979. 

« 1981〜1985 | 研究業績トップページへ

熊本大学医学部附属病院 神経精神科 医局 〒860-8556熊本市中央区本荘1-1-1診療のご予約・お問い合わせは、熊本大学医学部附属病院 外来予約センターTEL.096-373-5973(受付時間:午前9時〜午後5時)

私たち熊本大学神経精神科は、社会問題にもなっている認知症、最近の自殺の増加で注目をされているうつ病、自閉症を中心とする発達障害、新しい薬物療法と生活支援により社会復帰が主要な治療目標となった統合失調症、などを取り扱う精神科医療専門の診療科です。当科では、バランス感覚のとれた優秀な若手精神科医の育成を目指しています。県内外の関連病院の全面的な協力のもと、様々な精神科医療の現場を経験できる研修システムを構築しています。研究に関しては、様々な場所で臨床ならびに研究のキャリアを積んだ教官のもと、若い先生方の研究意欲にも幅広く対応できます。