熊本大学大学院生命科学研究部 神経精神医学分野:神経精神科

研究業績

1991〜1995年の研究業績

原著論文

1991年(平成3年)
1.Simoji A. Interface between shamanism and psychiatry in Miyako islands, Okinawa, Japan: a viewpoint from medical and psychiatric anthology. Jpn J Psychiatry Neurol 45: 767-774, 1991.

2.桂木正一, 信岡幸彦, 安川節子, 山下建昭, 藤瀬 昇, 池上 研, 宮川太平. 高ミオグロビン血症による腎不全で致死的経過をとった悪性症候群の骨格筋, 腓腹神経, 腎所見について. 九州神経精神医学37: 130-135, 1991.

3.山本和儀, 仲本晴男, 仲俣明夫, 中村能文, 下地明友, 真喜屋浩, 中村恵美子, 池村嘉則, 盛島幸子, 平田晴男, 西筋米吉, 下地久雄. 宮古の一離島における精神障害の実態:精神保健活動の報告と今後の問題. 沖縄県公衆衛生学会誌21, 1991.

4.Yamashita K, Miyakawa T, Katsuragi S. Vascular changes in the brains with Alzheimer's disease. J Jpn Psychiatry Neurol 45: 79-84, 1991.

5.Hashimura T, Kimura T, Miyakawa T. Morphological changes of blood vessels in the brain with Alzheimer's disease. Jpn J Psychiatry Neurol 45: 661-665, 1991.

6.Kimura T, Hashimura T, Miyakawa T. Observations of microvessels in the brain with Alzheimer's disease by the scanning electron microscopy. Jpn J Psychiatry Neurol 45: 671-676, 1991.


1992年(平成4年)
1.Miyakawa T, Katsuragi S, Yamashita K, Ohuchi K. Morphological study of amyloid fibrils and preamyloid deposits in the brain with Alzheimer's disease. Acta Neuropathol 83: 340-346, 1992.

2.Miyakawa T, Katsuragi S, Yamashita K, Araki K, Hashimura T, Kimura T, Ohuchi K. The distribution of a1-antichymotrypsin and amyloid production in the brain in Alzheimer's disease. Virchows Archiv B Cell Patbol 61: 331-335, 1992.

3.下地明友. シャマニズム的風土における風土的認識モデルと精神医学的認識モデルとの相互作用:臨床人類学的視点. 臨床精神医学 21: 1809-1814, 1992.

4.下地明友. 治療関係の治療文化論的モデル:医療人類学的認識モデルからの視点. 精神分裂病研究の進歩 3: 111-113, 1992.

5.桂木正一, 新里和弘, 中島 央, 横田周三, 松野 修, 中房憲司, 宮川太平. 私のカルテから(99):40年以上にわたり慢性湿疹が持続した患者に出現した皮膚寄生虫妄想の1例. 老化と疾患 5: 91-93, 1992.

6.木村武実, 池上 研, 弟子丸元紀, 宮川太平. 躁うつ病相と幻覚妄想状態を呈した頭部外傷後遺症(前頭葉損傷)の1症例. 臨床精神医学 21: 229-236, 1992.

7.木村武実, 弟子丸元紀, 犬飼邦明, 松永哲夫, 久野 武, 渡辺健次郎, 宮川太平. Meige症候群が認められた精神分裂病の母子例. 臨床精神医学 21: 1213-1220, 1992.

8.木村武実, 弟子丸元紀, 犬飼邦明, 松永哲夫, 宮川太平. 頭部外傷後にMeige症候群を呈した1例. 脳神経 44: 1021-1024, 1992.


1993年(平成5年)
1.弟子丸元紀, 石塚公子, 辻 泰子, 宮川太平. 登校拒否を示した思春期パニック障害:状態像と経過について. 精神医学35: 241-248, 1993.

2.下地明友, 宮川太平. 精神分裂病の臨床人類学的研究:anthropological psychiatryの視点. 精神分裂病研究の進歩 3: 101-102, 1993.

3.桂木正一, 池上 研, 寺岡和廣, 古賀幹浩, 森山 茂, 谷 宏, 宮川太平. 非定型的経過をとった脳表ヘモシデリン沈着症の1例. 精神医学35: 1109-1111, 1993.

4.宮崎知博, 上妻明彦, 藤井 繁, 上田啓司, 木村武実, 中島 央, 西口昭弘, 弟子丸元紀, 住吉司郎. 長期入院分裂病患者と家族状況. 厚生省精神・神経疾患, 精神分裂病の病態解析に関する臨床的研究. 平成4年度研究報告書: 61-64, 1993.

5.比良亮一, 宮本憲司朗, 山下建昭, 村山英一, 宮里哲也, 小野常彦, 西口昭弘, 上妻明彦, 花輪昭太郎, 舛井幸輔, 藤本佳澄, 樋口康志, 石黒 忍, 樺島啓吉, 宮川洸平, 嵯峨 智, 穐月清勝, 村岡範優, 大野 理, 藤本敏雄, 葉山清昭, 三村孝一, 藤田英介, 橋村哲男, 続 純一, 佐藤 正, 境多嘉子, 劉 貞一, 信岡幸彦, 犬飼邦明, 沼田陽市, 森山 茂, 池田英世, 末松みどり, 相沢明憲, 宮川太平. Mosapramine (Cremin) の精神分裂病に対する臨床的効果:好適症状の検討. 基礎と臨床 27: 4491-4508, 1993.

6.Kimura T, Goto M. Existence of senile plaques in the brains of elderly leprosy patients. Lancet 27: 1364, 1993.

7.Kimura T, Hisano T, Yoshida H, Ueda K, Miyakawa T. Classification of senile plaques by three-dimensional analysis. Jpn J Psychiatry Neurol 47: 657-660, 1993.

8.Kimura T, Hisano T, Ueda K, Miyakawa T. Examination of ?-protein deposits in Alzheimer's cerebral cortices by three-dimensional observation. Jpn J Psychiatry Neurol 47: 909-914, 1993.


1994年(平成6年)
1.下地明友. 風土と臨床:臨床人類学の概念装置. こころの臨床ア・ラ・カルト 13 (増刊号): 109-112, 1994.

2.大内 清, 井形るり子, 中島 央, 石塚公子, 杉山淳二郎, 竹内有輔, 野見山尚之, 宮川太平. サイトカインLD78と精神疾患. 精神薬療基金研究年報 25: 264-268, 1994.

3.Kimura T, Hisano T, Yoshida H, Ueda K, Miyakawa T. Re-evaluation of classic senile plaques by three-dimensional analysis. J Neurol 241: 624-627, 1994.

4.木村武実, 庄野昌博, 永廣信治, 宇山英一郎, 吉田浩之, 宮川太平. モヤモヤ病を合併したrapid cycling affective disorderの1症例. 臨床精神医学 23: 431-436, 1994.

5.木村武実, 吉田浩之, 和田吉晴, 上田啓司, 弟子丸元紀. Trimebutine maleateにより構音障害をきたした老年期うつ病の1例. 医療 48: 459-462, 1994.

6.木村武実, 吉田浩之. 痴呆に併発した悪性症候群の臨床像の把握:自験例を含めた文献的検討. 脳神経 46: 859-862, 1994.

7.中島 央, 渡辺健次郎, 上田啓司, 木村武実, 赤松 馨, 宮川太平. 治療過程においてP300事象関連電位に著明な変化をみた精神分裂病の1症例. 臨床精神医学 23: 227-232, 1994.


1995年(平成7年)
1.下地明友.「日本精神病理学会第17回大会」印象記. 精神医学 37: 106-107, 1995.

2.下地明友. 臨床空間の「とき」と「ところ」:風土と精神医学. 現代のエスプリ 335: 154-163. 1995.  

3.桂木正一, 池上 研, 寺岡和廣, 石塚公子, 宮川太平. 脳表ヘモシデリン沈着症の2例. 老年期痴呆研究会誌 8: 161-167, 1995.

4.Kimura T, Takamatsu J, Araki N, Goto M, Kondo A, Miyakawa T, Horiuchi S. Are advanced glycation end-products associated with amyloidosis in Alzheimer's disease ? Neuroreport 6: 866-868, 1995.

5.Kimura T , Horiuchi S. Amyloidosis, advanced glycation end products and Alzheimer disease: reply. Neuroreport 6: 1595-1596, 1995.

6.坂西信彦, 下地明友, 宮川太平. てんかん発作, 知能障害を呈したMega Cisterna Magnaの1症例. 臨床精神医学 24: 69-74, 1995.

7.井形るり子, 井形朋英, 石塚公子, 木村武実, 吉田浩之, 城 忠志, 桂木正一, 高松淳一, 宮川太平. 重度の痴呆例におけるapolipoprotein e4対立遺伝子の頻度. 精神医学 37: 1115-1117, 1995.

8.Ono T, Yamamoto H, Tashima K, Nakashima H, Okumura E, Yamada K, Hisanaga S, Kishimoto T, Miyakawa T, Miyamoto E. Dephosphorylation of abnormal sites of tau factor by protein phosphatases and its implication for Alzheimer's disease. Neurochem Int 26: 205-215, 1995.

9.石塚公子, 宮川太平, 野見山尚之. ケモカインスーパーファミリー. 生体の科学 46: 520-523, 1995.

10.向山恵子, 中島 央, 木村武実, 上妻明彦, 上田啓司. Depressive paranoidsを呈したchore-acanthocytosisの一症例. 精神科治療学 10: 303-307, 1995.

11.Yamamoto H, Arakane F, Ono T, Tashima K, Okumura E, Yamada K, Hisanaga S, Fukunaga K, Kishimoto T, Miyamoto E. Phosphorylation of myristoylated alanine-rich c kinase substrate (MARCKS) by proline-directed protein kinases and its dephosphorylation. J Neurochem 65: 802-809, 1995.

12.Yamamoto H, Hasegawa M, Ono T, Tashima K, Ihara Y, Miyamoto E. Dephosphorylation of fetal-tau and paired helical filaments-tau by protein phosphatases 1 and 2A and calcineurin. J Biochem 118: 1224-1231, 1995.

13.Goto M, Kimura T, Hagio S, Ueda K, Kitajima S, Tokunaga H, Sato E. Neuropathological analysis of dementia in a Japanese leprosarium. Dementia 6: 157-161, 1995. 

著書

1993年(平成5年)
1.室伏君士, 住吉司郎, 後藤基卿, 宮崎知博, 西口昭弘, 立津美恵子, 上妻明彦, 藤井 繁, 金山寿一, 弟子丸元紀, 上田啓司, 木村武実, 山中博美, 高瀬美佐子, 小山さよ子. 老年期精神疾患へのアプローチ. 金剛出版, 東京, 1993.


1994年(平成6年)
1.室伏君士, 住吉司郎, 後藤基卿, 上田啓司, 宮崎知博, 西口昭弘, 立津美恵子, 上妻明彦, 藤井 繁, 金山寿一, 木村武実, 田中良憲, 弟子丸元紀. 第IV章 老年期:メンタルケース・ハンドブック(菱山珠夫, 村田信男監修; 中根晃, 稲村博, 柴田洋子, 室伏君士編).

« 1996〜2000 | 研究業績トップページへ | 1986〜1990 »

熊本大学医学部附属病院 神経精神科 医局 〒860-8556熊本市中央区本荘1-1-1診療のご予約・お問い合わせは、熊本大学医学部附属病院 外来予約センターTEL.096-373-5973(受付時間:午前9時〜午後5時)

私たち熊本大学神経精神科は、社会問題にもなっている認知症、最近の自殺の増加で注目をされているうつ病、自閉症を中心とする発達障害、新しい薬物療法と生活支援により社会復帰が主要な治療目標となった統合失調症、などを取り扱う精神科医療専門の診療科です。当科では、バランス感覚のとれた優秀な若手精神科医の育成を目指しています。県内外の関連病院の全面的な協力のもと、様々な精神科医療の現場を経験できる研修システムを構築しています。研究に関しては、様々な場所で臨床ならびに研究のキャリアを積んだ教官のもと、若い先生方の研究意欲にも幅広く対応できます。