熊本大学大学院生命科学研究部 神経精神医学分野:神経精神科

研究業績

2007年の研究業績

1. 原著論文

2007年(平成19年)
I-1) Arai A, Matsumoto T, Ikeda M, Arai Y
Do family caregivers perceive more difficulty when they look after patients with eary onset dementia compared to those with late onset dementia
Int J Geriatr Psychiatry 22:1255-1261, 2007

I-2) Ishikawa T, Ikeda M
Mild cognitive impairment in a population-based epidemiology
PSYCHOGERIATRICS 7 : 104-108, 2007

I-3) Toyota Y, Ikeda M, Shinagawa S, Matsumoto T, Matsumoto N, Hokoishi K, Fukuhara R, Ishikawa T, Mori T, Adachi H, Komori K, Tanabe H
Comparison of behavioral and psychological symptoms in early-onset and late-onset Alzheimer's disease
Int J Geriatr Psychiatry 22 : 896-901, 2007

I-4) Shinagawa S, Ikeda M, Toyota Y, Matsumoto T, Matsumoto N, Mori T, Ishikawa T, Fukuhara R, Komori K, Hokoishi K, Tanabe H
Frequency and clinical characteristics of early-onset dementia in consecutive patients in a memory clinic
Dement Geriatr Cogn Disord 24 : 42-47, 2007

I-5) Matsumoto N, Ikeda M, Fukuhara R, Shinagawa S, Ishikawa T, Mori T, Toyota Y, Matsumoto T, Adachi H, Hirono N, Tanabe H
Caregiver's burden associated with behavioral and psychological symptoms of dementia in the local community elderly people
Dement Geriatr Cogn Disord 23 : 219-224, 2007

I-6) 田中康裕,池田 学,石川智久,森 崇明,小森憲治郎,田辺敬貴
軽度認知障害から初期アルツハイマー型認知症像を呈し、レビー小体病型認知症の診断に至った一症例.
老年精神医学雑誌 18:646-651,2007

I-7) 石丸美和子,真田順子,小森憲治郎,池田 学,田邉敬貴
伝導失語の要素を伴った進行性流暢性失語例の経時的検討.
神経心理 23:144-150,2007

I-8) 樫林哲雄,小森憲治郎,鉾石和彦,福原竜治,蓮井康弘,豊田泰孝,池田 学,
田辺敬貴
短期入院を経てグループホーム導入を行った意味性認知症の一例
精神医学 49:385-391,2007

I-9) 品川俊一郎,池田 学,豊田泰孝,松本光央,松本直美,足立浩祥,森 崇明,石川智久,福原竜治,鉾石和彦,田辺敬貴
地域在住高齢者における主観的もの忘れの背景因子の検討.
老年精神医学雑誌 18:313-320,2007

2. 著書

2007年(平成19年)
II-1) 池田 学.
認知症と自動車運転
認知症の予防と治療.長寿科学振興財団,愛知,209-215,2007

II-2) 繁信和恵,池田 学.
MCIの告知と治療・生活指導
軽度認知障害[MCI] 認知症に先手を打つ(朝田 隆編著)
中外医学社,東京,118-120,2007

II-3) Ikeda M.
Fronto-temporal dementia
Therapeutic strategies in dementia (eds. Ritchie CW, Ames DJ, Masters CL, Cummings J). Clinical Publishing, Oxford, 287-299,2007

3. 雑誌総説

2007年(平成19年)
III-1) 松本光央,池田 学
認知症患者の自動車運転を中止する基準.
精神科 11:56-61,2007

III-2) 池田 学
精神症状への総合的アプローチ ーアルツハイマー病における物盗られ妄想を中心にー
熊精協会誌 132:1-8,2007

III-3) 品川俊一郎,池田 学.
ピック病の症状・経過について
老年精神医学雑誌 18:591-597,2007

III-4) 池田 学,橋本 衛.
前頭側頭型認知症と自己・他者の認知障害
臨床精神医学 36 :965-970, 2007

III-5) 橋本 衛,池田 学.
家族性アルツハイマー病症例の神経心理学的所見
Cognition and Dementia 6 : 217-233, 2007

III-6) 福原竜治,池田 学.
認知症の精神徴候 中核症状と周辺症状.
medicina 6:1056-1059,2007

4. その他

2007年(平成19年)
IV-1) 池田 学,足立浩祥,石川智久
軽度認知障害の診断における神経心理学的検査の有用性と限界
厚生労働科学研究費補助金 長寿科学総合研究事業.軽度認知障害の推定背景病理に基づく、最適認知症進展予防法の開発に関する研究(主任研究者 村山繁雄)平成18年度 総括・分担報告書(分担研究者 池田 学),65-68,2007

IV-2) 池田 学,清水秀明,松本直美,石川智久,柴 珠美,野村美千江
データベース利用による訪問看護サービス評価の開発 (主任研究者 荒井由美子)
平成18年度 分担・総括研究報告書 在宅ケアの質評価法(Home Care Quality Assessment Index : HCQAI)の若年性認知症における使用の可能性(分担研究者 池田 学),72-80,2007

IV-3) 池田 学
巻頭言 日本の認知症臨床のレベルと今後に期待すること
老年精神医学雑誌 18:6-7,2007

5. 国際学会・シンポジウムなど

2007年(平成19年)
V-1) (Panel Session) Ikeda M.
Pharmacotherapy and Psychosocial Treatment for Patients with Fronto-Temporal Dementia (FTD).
Seventh Annual Meeting of the International College of Geriatric Psychoneuropharmacology, San Diego USA, October 30-November 2, 2007

V-2) (Symposium) Ikeda M, Tanimukai S, Hokoishi K, Fukuhara R, Shigenobu K, Ishikawa T, Toyota Y, Tanabe H.
Change the care burden before and after drug therapies for BPSD.
Silver congress of the International Psychiatric Association, Osaka Japan, October 14-18, 2007

V-3) (Satellite Symposium) Ikeda M.
Dementia and Driver's License: Controversies of social impact of dementia "Driving and dementing illness: an old age psychiatrist's perspective from Japan".
Silver congress of the International Psychiatric Association, Osaka Japan, October 14-18, 2007

V-4) (Symposium) Ikeda M.
Comprehensive intervention for dementia "Non-pharmacological and pharmacological interventions in Fronto-temporal dementia".
Second JAPAN-TAIWAN Symposium on dementia, Osaka Japan, October 13, 2007

V-5) (Symposium) Ikeda M.
Empowerment program for practitioners to improve diagnosis of dementia "How to diagnosis dementia".
1st Congress of the Asian Society Against Dementia, Chennai, India, September 28-30, 2007

V-6) (記念講演)池田 学
「精神症状への総合的アプローチ―アルツハイマー病における物盗られ妄想を中心に」
第75回熊本精神神経学会,熊本,2月24日,2007

V-7) (精神医学研修コース)池田 学
「地域における認知症医療実践講座:診断からケア」
第103回日本精神神経学会,高知,5月17日 高知,2007

V-8) (教育講演)池田 学
「記憶障害」
第31回日本神経心理学会,金沢,9月27-28日,2007

« 2008 | 研究業績トップページへ | 2001〜2005 »

熊本大学医学部附属病院 神経精神科 医局 〒860-8556熊本市中央区本荘1-1-1診療のご予約・お問い合わせは、熊本大学医学部附属病院 外来予約センターTEL.096-373-5973(受付時間:午前9時〜午後5時)

私たち熊本大学神経精神科は、社会問題にもなっている認知症、最近の自殺の増加で注目をされているうつ病、自閉症を中心とする発達障害、新しい薬物療法と生活支援により社会復帰が主要な治療目標となった統合失調症、などを取り扱う精神科医療専門の診療科です。当科では、バランス感覚のとれた優秀な若手精神科医の育成を目指しています。県内外の関連病院の全面的な協力のもと、様々な精神科医療の現場を経験できる研修システムを構築しています。研究に関しては、様々な場所で臨床ならびに研究のキャリアを積んだ教官のもと、若い先生方の研究意欲にも幅広く対応できます。