熊本大学大学院生命科学研究部 神経精神医学分野:神経精神科

研究業績

2011年の研究業績

1. 原著論文

2011年(平成23年)

I-1)  Ikeda M, Kitamura I, Ichimi N, Hashimoto M, Lambon Ralph MA, Komori K.
Gogi aphasia: The early description of semantic dementia in Japan.
Acta Neuropsychologica 9 : 133-140, 2011
.

 

I-2) Nishio Y, Hashimoto M, Ishii K, Mori E.
Neuroanatomy of a neurobehavioral disturbance in the left anterior thalamic infarction.
J Neurol Neurosurg Psychiatry. 82: 1195-1200, 2011.

 

I-3) Shimizu H, Komori K, Fukuhara R, Shinagawa S, Toyota Y, Kashibayashi T, Sonobe N, Matsumoto T, Mori T, Ishikawa T, Hokoishi K, Tanimukai S, Ueno S, Ikeda M.
Clinical profiles of Late-onset Semantic Dementia, compared with Early-onset Semantic Dementia and Late-onset Alzheimer's Disease.
Psychogeriatrics 11 : 46-53, 2011

 

I-4) Sonobe N, Hata R, Ishikawa T, Sonobe K, Matsumoto T, Toyota Y, Mori T, Fukuhara R, Komori K, Ueno S, Tanimukai S, Ikeda M.
Risk of progression from mild memory impairment to clinically diagnosable Alzheimer disease in a Japanese community (from the Nakayama Study).
International Psychogeriatrics 23 : 772-779, 2011

 

I-5) Yatabe Y, Hashimoto M, Kaneda K, Honda K, Ogawa Y, Yuuki S, Matsuzaki S, Tsuyuguchi A, Kashiwagi H, Ikeda M.
Neuropsychiatric symptoms of progressive supranuclear palsy in a dementia clinic.
Psychogeriatrics 11 : 54-59, 2011

 

I-6) 中野正剛,宮村季浩,平井茂夫,大澤 誠,川嶋乃里子,川畑信也,高桑光俊,高瀬義昌,田北昌史,楢林洋介,八森 淳,平原佐斗司,池田恵理子,元永拓郎,安田朝子,木之下 徹,朝田 隆,池田 ,小阪憲司.
認知症に伴う行動・心理症状(BPSD)への医療介入に関する実態調査.
日本老年精神医学雑誌 22313-3242011

 

I-7) 今井幸充,長田久雄,本間 昭,萱間真美,三上裕司,加藤伸司,木村隆次,石田光広,沖田裕子,遠藤英俊,池田 ,半田幸子.
認知機能障害を伴う要介護高齢者の日常生活動作と行動・心理症状を測定する新評価票.
日本老年精神医学雑誌 221155-11652011

 

I-8) 城野 弟子丸元紀兼田桂一郎池田 .
集団発生した高校生の過換気症候群発端者の15年後の再発.
 
臨床精神医学 40117−1222011

 

I-9) 阿部恭久福永竜太中川洋一藤瀬 池田 .
熊本県自殺好発地域における老年期うつ病予防の取り組み.
九神精医 56155-1632010

 

I-10) 岳人,川島邦浩,木下秀一郎,森脇正詞,大賀 肇,田伏英晶,池田 ,岩田沖生.
統合失調症治療における服薬状況のMEMS (Medication Event Monitoring System) 多施設研究-アドヒアランスを維持することの重要性-.
臨床精神薬理 141551−15602011

 

I-11) 小山明日香,立森久照,河野稔明,竹島正.
精神病床長期在院患者の転院・死亡を考慮した退院状況の指標の検討.
日本公衆衛生雑誌58: 40-46, 2011

 

I-12) 小山明日香,長沼洋一,沢村香苗,立森久照,大島巌,竹島正.
精神障害を有する人に対する一般地域住民のイメージ.
日本社会精神医学会雑誌20; 116-127, 2011

2. 著書

2011年(平成23年)

II-1)  池田 橋本
認知症の症候学:概論.
日本臨床増刊号 認知症学 上.日本臨床社:291-2962011

 

II-2)  品川俊一郎,池田
認知症の症候学:概論.
日本臨床増刊号 認知症学 上.日本臨床社:376-3792011

 

II-3)  池田
ピック病(前頭側頭葉変性症).
精神医学キーワード事典(松下正明総編).中山書店,東京,370-3722011

 

II-4)  池田
前頭側頭型認知症.
専門医をめざす人の精神医学第3版(山内俊雄,小島卓也,倉知正佳,鹿島晴雄編).医学書院,東京,304-3062011

 

II-5)  池田
前頭側頭葉変性症の精神症状.
日常診療で出会う高齢者精神障害のみかた(松下正明監修).中外医学社,東京,235-2402011

 

II-6)  池田
前頭側頭葉変性症.
別冊NHKきょうの健康 認知症(山田正仁総監修).NHK出版,東京,72-792011

 

II-7)  池田
認知症 その他の原因.
別冊NHKきょうの健康 認知症(山田正仁総監修).NHK出版,東京,80-842011.

 

II-8)  池田
過食、嗜好の変化など食行動異常で発症し、次第に意欲低下、こだわりが強くなったが、受診理由を尋ねると「特に困ることはない」と淡々と答える症例.
プライマリケア医の認知症診療入門セミナー(小阪憲司編).新興医学出版社,東京,133-1392011

 

II-9)  橋本
言葉の出にくさと性格・行動の変化を認める初老期症例.
プライマリケア医の認知症診療入門セミナー(小阪憲司編).新興医学出版社,東京,147-1562011


 

3. 雑誌総説

2011年(平成23年)

 

III-1) 池田
認知症疾患における鑑別診断の重要性.
Progress in Medicine 31 : 1850-1854
2011

 

III-2) 池田
前頭側頭葉変性症(FTLD)と"うつ"
分子精神医学 11241-2432011

 

III-3) 池田
認知症の症候学.
日医生涯教育講座カラー図説(監修:朝田 隆).日医雑誌 1402011

 

III-4) 池田
診療連携上の相互支援を再考する -熊本モデルを中心に-
日本老年医学雑誌 22 増刊号I143 -1482011

 

III-5) 池田
認知症の前駆状態.
精神科診断学 4 : 55-62, 2011

 

III-6) 上村直人,池田
認知症の人の自動車運転の実態.
認知症ケア事例ジャーナル 4 : 151-158, 2011

 

III-7) 清水秀明,池田
認知症臨床に役立つ生物学的精神医学 前頭側頭葉変性症の分類・病期と診断.
老年精神医学雑誌 221175-11842011

 

III-8) 池田 小嶋誠志郎
病診連携と認知症疾患センター -熊本モデルを中心に-
精神科 19120-1242011

 

III-9) 橋本 小川雄右池田
前頭側頭葉変性症の臨床行動学 抽象的態度の障害との関連
高次脳機能研究 31269−2762011

 

III-10) 橋本 池田
Alzheimer型認知症.
日本内科学会雑誌 8 : 2099-2108, 2011

 

III-11) 橋本 池田
認知症医療において求められる大学病院精神科医の役割.
Cognition and Dementia 10 : 211-215, 2011

 

III-12) 橋本
レビー小体型認知症の薬物療法.
老年精神医学雑誌 22(2): 176-183, 2011

 

III-13) 橋本
行動障害を持つ家族にどのように接したらよいか教えてください.
高次脳機能障害Q&A 症候編 pp 183-186, 新興医学出版社,東京,2011

 

III-14) 城野 池田
アパシー.
認知症の最新医療,120−1252011

 

III-15) 石川智久池田
前頭側頭型認知症.
総合臨牀 60 : 1851-1858, 2011

 

III-16) 矢田部裕介橋本 池田
認知症の最新薬物治療ガイドライン.
臨床精神薬理 14: 977-983, 2011.

 

III-17) 本田和揮橋本 池田
前頭側頭型認知症 薬物治療と非薬物治療.
Clinical Neuroscience 29
338-3412011

 

III-18) 福永竜太阿部恭久藤瀬 池田
特集企画:なぜ今、メンタルヘルスが問題か 年代別のメンタルヘルス-こころの問題への理解と対応 高齢者.
臨牀と研究 88(3): 302 -307, 2011.

 

III-19) 遊亀誠二橋本 池田
クッシング症候群の精神症状.
Schizophrenia Frontier vol.12 No.1,16-20. 2011

 

III-20) 松崎志保橋本 池田
アルツハイマー病の病態と診断の基本.
Cognition and Dementia 10 Suppl.1: 6-11, 2011

 

III-21) 柏木宏子橋本 池田
前頭側頭葉変性症と脳血管性認知症の認知症症状.
Mebio 28
34-392011

 

III-22) 勇人橋本 池田
前頭側頭葉変性症.
臨床と研究 8813-21, 2011

 

III-23) 岳人
The Power of Goal Sharing -
処方の前に患者と共有しておきたい目標達成地図(Personal Goal Map) -
精神経誌 1131028-1035, 2011

 

III-24) 岳人,阿部裕子.
新しい統合失調症治療法・RLAI療法から広がる「対話と提案」の臨床技法 -例外なく全例に対して行う『説明と同意』は治療目標を共有するための心理教育の第一歩-
臨床精神薬理 14107-116, 2011 

 

III-25) 小山明日香.病院・病棟の機能別にみた在院患者の特徴.公衆衛生情報8. 37-39, 2011

 

III-26) 小山明日香.精神科医療資源の偏在.公衆衛生情報937-39, 2011

 

4. 報告書など

2011年(平成23年)

 

IV-1)池田 ,河村 満.
シンポジウムI: 座長記 認知症・パーキンソン病と高次脳機能障害.
高次脳機能研究 312492011

 

IV-2) 池田 (事業実施委員会委員長),橋本 (事業実施委員会協力者),矢田部裕介(事業実施委員会協力者),小松優子(事業実施委員会協力者).
平成22年度老人保健事業推進費等補助金事業 特別養護老人ホームにおける認知症高齢者の原因疾患別アプローチとケアの在り方 調査研究報告書.
公益社団法人 全国老人福祉施設協議会/老施協総研,2011

 

IV-3) 池田
認知症の嫉妬妄想についての検討.
厚生労働科学研究費補助金 認知症対策総合研究事業.かかりつけ医のための認知症の鑑別診断と疾患別治療に関する研究.平成22年度 総括・分担報告書(主任研究者 池田 学),1-42011

 

IV-4) 池田 小松優子丸山貴志小松誠志郎
若年性認知症の地域におけるサービス利用に関する研究.
長寿医療研究開発費 認知症地域連携マップの作成.平成22年度 研究報告書(主任研究者 武田章敬),129-1322011

 

IV-5) 熊本大学神経精神科教室.
熊本市と阿蘇圏域7市町村における中高年者および高齢者のうつ状態に関するアンケート調査,2011

 

IV-6) 平成22年度 熊本県認知症疾患医療センター報告書,2011

5. 国際学会・シンポジウムなど

2011年(平成23年)

 

V-1) (シンポジウム)Ikeda M.
Symposium: Pathogenesis and intervention to DLB "Clinical trail of AchE-I to DLB".
10th World Congress of Biological Psychiatry, Prague, May 29-June 2, 2011

 

V-2) (シンポジウム)Ikeda M.
Symposium: Current issues and international comparison of pharmacothrapy for BPSD. Pharmacotherapy for BPSD in fronto-temporal dementia in Japan.
15th International Psychiatric Association, The Hague, The Netherlands, September 6-9, 2011

 

V-3) (サテライトシンポジウム)Ikeda M.
Symposium: Current issues and international comparison of pharmacothrapy for BPSD. Treatment and care for dementia with DLB.
15th International Psychiatric Association, The Hague The Netherlands, September 6-9, 2011

 

V-4)(ポスター発表)Hashimoto M, Honda K, Ogawa Y, Yuuki S, Ikeda M.
Neuropsychiatric symptoms, functional abilities and caregiver burden in dementia with Lewy bodies and Alzheimer disease.
15th International Congress of International psychogeriatrics association, The Hague The Netherlands, September 6-9, 2011

 

V-5)(ポスター発表)Honda K, Ogawa Y, Hashimoto M, Ikeda M.
Sleep talking and dementia with Lewy bodies.
15th International Congress of International psychogeriatrics association, The Hague The Netherlands, September 6-9, 2011

 

V-6)(ポスター発表)Ogawa Y, Hashimoto M, Honda K, Ichimi N, Ikeda M.
Risk factors for delusional jealousy in patients with dementia in Japan.
15th International Congress of International psychogeriatrics association, The Hague The Netherlands, September 6-9, 2011

 

V-7)(ポスター発表)Ichimi N, Hashimoto M, Honda K, Ogawa Y, Ikeda M.
Features of verbal and visual cognitive impairments in mild to moderate semantic dementia.
15th International Congress of the International Psychogeriatric Association. Hague
Netherlands, 5-9th September, 2011.

 

V-8) (Plenary  Lecture)  Ikeda M. 
Eating
 behavior  in  dementia. 
Taiwan  Dementia Society 2011, Taipei, October 29-30, 2011

 

V-9) (Plenary  Lecture)  Ikeda M.
Therapeutic strategies for behavioral and psychological symptoms of dementia.
Taiwan Dementia Society 2011, Taipei, October 29-30, 2011

 

V-10) (招待講演)Ikeda M.
Treatment and care for dementia with Lewy bodies.
台南輿雲嘉臨神経学月会. Tainan, October 31, 2011

 

V-11) Ikeda M,  Komatsu Y,  Maruyama T,  Hasegawa N,  Matsushita M,  Yatabe Y, Hashimoto M.
Free  Papers: Challenges  in  care  management  for  early  onset dementia.
The Fifth Congress of Asian Society Against Dementia, Hong Kong China, 5-6 November 2011.

 

V-12)(ポスター発表)Yuuki S, Hashimoto M, Yatabe Y, Ikeda M.
The prevalence of depression and apathy in dementiaaimed at The four major dementia (AD, VaD, DLB, FTLD).
The Fifth Congress of the Asian Society Against Dementia, Hong Kong  China, 5-6 November 2011.

 

V-13)(ポスター発表)Tsuyuguchi A, Yatabe Y, Kaneda K, Yuuki S, Honda K, Ogawa Y, Hashimoto M, Ikeda M.
The Time Course of Cognitive Impairment, Psychiatric Symptoms and Caregiver Burden in Dementia With Lewy Bodies Compared With Alzheimer's Disease.
The Fifth Congress of the Asian Society Against Dementia, Hong Kong  China, 5-6 November 2011.

 

V-14)(特別講演)池田
専門医が語る診断・治療・ケア.
日本認知症ケア学会2010年度九州・沖縄大会,福岡,313日,2011

 

V-15) (シンポジウム)池田 .
シンポジウム「漢方薬による中枢神経疾患の分子病態解明と治療」.
83回日本薬理学会年大会,大阪,316-18, 2010

 

V-16)(特別講演)池田
専門医が語る診断・治療・ケア.
日本認知症ケア学会2010年度九州・沖縄大会,福岡,313日,2011

 

V-17)(生涯教育プログラム)池田 .
実践的生涯教育プログラム「目からウロコ 内科医への認知症診療アドバイス」.
107回日本内科学会,東京,42, 2010

 

V-18)(教育講演)橋本
認知症のBPSDの薬物治療:精神科からのメッセージ.
52回日本神経学会,名古屋,51820日,2011

 

V-19)(教育講演)池田 .
「老年期うつ病と認知症の関係」.
106回日本精神神経学会学術総会,広島,520-22日,2010

 

V-20)(特別講演)池田 .
「高次脳機能障害者の生活支援と社会復帰について」.
6回四国言語聴覚士学会,松山,523日,2010

 

V-21) (シンポジウム)橋本 矢田部裕介兼田桂一郎小川雄右本田和揮遊亀誠二池田
シンポジウム:熊本県における若年性認知症実態調査;訪問調査結果について.
26回日本老年精神医学会,東京,61517日,2011

 

V-22) (シンポジウム)矢田部裕介.シンポジウム「東日本大震災と老年精神医学;震災の実情~復興に向かってわれわれがなすべきこと」 精神科医としての被災地支援;高齢者に注目して.第26回日本老年精神医学会総会,東京,615-17日,2011

 

V-23)(基調講演)池田
認知症医療 診断から生活支援まで
文部科学省学術フロンティア推進事業「認知症のトータルケアに関する学際的研究」公開シンポジウム 認知症高齢者のトータルケア脳・生き方・暮らしが交錯する場の知.札幌,730日,2011

 

V-24) (シンポジウム)池田
シンポジウム「高齢者と認知症の自動車運転:運転継続が危険な眠気を疑われた人に睡眠医学は何ができるのか?」.
3 ISMSJ学術集会,兵庫,826日,2011

 

V-25)(教育講演)池田
認知症の症候学.
107回日本精神神経学会学術総会,東京,1026−27日,2011

 

V-26) (シンポジウム)藤瀬
シンポジウム「うつ病と認知症との関連について」.
107回日本精神神経学会学術総会,東京,1026-27日,2011

 

V-27) (シンポジウム) 岳人
シンポジウム「統合失調症の薬物療法を増強するために -臨床現場で使える実践的方法論-」.
107回日本精神神経学会学術総会,東京,1026−27日,2011

 

V-28) (シンポジウム)一美奈緒子橋本 池田
シンポジウム「進行性失語をめぐる諸問題」意味性認知症における言語訓練の意義.
35回日本高次脳機能障害学会学術総会, 鹿児島, 1111-12, 2011

 

V-29) (シンポジウム)池田
シンポジウム「認知症診断を巡る諸問題」認知症は症候学とCTのみでどこまで診断できるか.
31回日本精神科診断学会,松本,1118−19日,2011

« 2012 | 研究業績トップページへ | 2010 »

熊本大学医学部附属病院 神経精神科 医局 〒860-8556熊本市中央区本荘1-1-1診療のご予約・お問い合わせは、熊本大学医学部附属病院 外来予約センターTEL.096-373-5973(受付時間:午前9時〜午後5時)

私たち熊本大学神経精神科は、社会問題にもなっている認知症、最近の自殺の増加で注目をされているうつ病、自閉症を中心とする発達障害、新しい薬物療法と生活支援により社会復帰が主要な治療目標となった統合失調症、などを取り扱う精神科医療専門の診療科です。当科では、バランス感覚のとれた優秀な若手精神科医の育成を目指しています。県内外の関連病院の全面的な協力のもと、様々な精神科医療の現場を経験できる研修システムを構築しています。研究に関しては、様々な場所で臨床ならびに研究のキャリアを積んだ教官のもと、若い先生方の研究意欲にも幅広く対応できます。