熊本大学大学院生命科学研究部 神経精神医学分野:神経精神科

研究業績

2012年の研究業績

1. 原著論文

2012年(平成24年)
Ⅰ-1)Matsushita M, Miyagawa Y, Ushijima H, Tanaka M, Jono T, Ikeda M.
  Dialectical behavior therapy for a woman with borderline personality disorder: A case
  report.
  ASEAN Journal of Psychiatry (in press) →14:59-61, 2013

Ⅰ-2)Shinagawa S, Yatabe Y, Hashimoto M, Nakayama K, Ikeda M.
  A comparison of family care infrastructure for demented elderly in inner cities and
  regional areas in Japan.
  Psychogeriatrics 12: 159-64, 2012

Ⅰ-3)Uetani H, Hirai T, Hashimoto M, Ikeda M, Kitajima M, Sakamoto F, Utsunomiya D,
  Oda S, Sugiyama S, Matsubara J, Yamashita Y.
  Prevalence and Topography of Small Hypointense Foci Suggesting Microbleeds on
  3T Susceptibility-Weighted Imaging in Various Types of Dementia. 
  AJNR Am J Neuroradiol Nov. 1, 2012 [Epub ahead of print]

Ⅰ-4)Ushijima H, Usami M, Saito K, Kodaira M, Ikeda M.
  Time course of the development of depressive mood and oppositional defiant behavior
  among boys with Attention Deficit Hyperactivity Disorder-difference between subtypes.
  Psychiatry and Clinical Neurosciences 66: 285-291, 2012

Ⅰ-5)Mori E, Ikeda M, Kosaka K.
  Donepezil for dementia with Lewy bodies: a randomized, placebo-controlled trial.
  Ann Neurol 72: 41-52, 2012

Ⅰ-6)Ogawa Y, Hashimoto M, Yatabe Y, Kaneda K, Honda K, Yuuki S, Hirai T,Ikeda M.
  Association of Cerebral Small-Vessel Disease with Delusions in Alzheimer's Disease
  Patients. 
  Int J Geriatr Psychiatry Dec. 2012 [Epub ahead of print]

Ⅰ-7)Fukunaga R, Abe Y, Nakagawa Y, Koyama A, Fujise N, Ikeda M.
  Living alone is associated with depression among the elderly in a rural community
  in Japan. Psychogeriatrics 12: 179-185, 2012

Ⅰ-8)Abe Y, Fujise N, Fukunaga R, Nakagawa Y, Ikeda M.
  Comparisons of the prevalence and risk factors for elderly depression betweenurban and
  rural populations in Japan.
  Int Psychogeriatrics 24:1235-1241,2012

Ⅰ-9)Kodaira M, Iwadare Y, Ushijima H, Oiji A, Kato M, Sugiyama N, Sasayama D,
  Usami M Masahide Usami, Kyota Watanabe, Kazuhiko Saito.
  Poor performance on the Iowa gambling task in children with obsessive-compulsive
  disorder.
  Annals of General Psychiatry 11(25), 2012

Ⅰ-10)Mikami A, Matsushita M, Watanabe T, Sugiyama E, Adachi H, Matsuura R, Sugita Y,
  Takeda M.
  Sleep debt must be paid off: Relationship between sleep loss and mental health among
  Japanese workers. 
  Open Sleep J(in press).

Ⅰ-11)和泉美和子,小森憲治郎,池内 健,田中 弘,田中政春,今村 徹,池田 学.
  意味性認知症の1例における常同行動の変遷の検討. 
  精神医学 54:1191−1199,2012

Ⅰ-12)川原一洋, 城野 匡,本田由美,横田周三,佐々木博之,牛島洋景,池田 学 .
  うつ病様症状が初発症状であった血管内B細胞リンパ腫の一例.
  九州神経精神医学 58(1): 22-28, 2012

Ⅰ-13)品川俊一郎, 今村 徹, 矢田部裕介, 橋本 衛, 中山和彦, 池田 学
  3地域における認知症家族介護基盤の比較検討 -専門外来を受診する患者の初診時同居者・
  同伴者に注目して-.
  精神医学 54(5) 501-507, 2012. 

Ⅰ-14)松崎志保,橋本 衛,小田篤介,池田 学.
  病初期にアルツハイマー病類似の症候を呈した神経梅毒の一例.
  精神医学雑誌 54(9): 899-905, 2012. 

Ⅰ-15)城野 匡、小川雄右、勝屋朗子、本田和揮、一美奈緒子、弟子丸元紀、池田 学.
  中学校で集団発生し、遷延化した過換気症候群.
  精神科治療学. 27(11): 1483-1490, 2012

Ⅰ-16)繁田雅弘,河野禎之,安田朝子,木之下 徹,内海久美子, 奥村 歩,繁信和恵,
  川嶋乃里子,高橋 智,玉井 顯, 平井茂夫,水上勝義,山田達夫,八森 淳,元永拓郎,
  池田 学,朝田 隆,本間 昭,小阪憲司.
  専門医を対象とした認知症診療のあり方とその手法に関する面接調査.
  老年精神医学雑誌,23:466‐480,2012

Ⅰ-17)楢村仁美, 矢田部裕介, 宮川雄介, 田中さくらこ, 兼田桂一郎, 牛島洋景, 宮谷高史,
  池田 学
  右視床背内側核病変の関与が推定された音楽性幻聴にcarbamazepineが奏効した1例.
  精神科, 21:468-473, 2012

2. 著書

2012年(平成24年)

Ⅱ-1)Ikeda M, John Hodges.
  Dysphagia and eating behavior of Dementias In Principles of Deglutition:
     A Multidisciplinary Text for Swallowing and its Disorders, edited by Reza Shaker,
     Peter Belafsky, Gregory Postma, and Caryn Easterling.
     Springer, New York, 411-420, 2012

Ⅱ-2)藤瀬 昇,池田 学
  高齢期の気分障害.認知症と高齢期の精神疾患.
  今日の精神疾患治療指針(樋口輝彦 他編).医学書院, 東京, 378-381, 2012

Ⅱ-3)矢田部裕介橋本 衛池田 学.
  DLBの診断におけるMIBG心筋シンチグラフィーの有用性 DLBに他の器質性疾患を
  合併した3例.
  レビー小体型認知症研究の最前線 5th.Anniversary. レビー小体型認知症研究会, 神奈川,
  147-148,2012

Ⅱ-4)池田 学橋本 衛.
  DLBの精神症状とその治療
  レビー小体型認知症研究の最前線 5th.Anniversary. レビー小体型認知症研究会,神奈川,
  60-67,2012

Ⅱ-5)池田 学.
  せん妄の治療方針や,薬物療法はどのようにするのがよいでしょうか?
  認知症診療Q & A(中島健二,和田健二編) 中外医学社, 東京,147-149,2012

Ⅱ-6)矢田部裕介, 橋本 衛.
  認知症者で性的行動の亢進がみられた時には、どのように対応し、治療すればよいでしょうか?
  認知症診療Q&A(中島健二、和田健二編) 中外医学社, 東京, 167-169, 2012.

Ⅱ-7)池田 学.
  常同行動(同じ行動の繰り返し)、意欲低下(アパシー)、拒食・摂食障害
  BPSDの初期対応ガイドライン(服部英幸編).ライフ・サイエンス,東京,80-82,93-95,96-97,
  2012

Ⅱ-8)橋本 衛池田 学.
  失認、失行、失語.
  今日の精神疾患治療指針(樋口輝彦,市川宏伸,神庭重信,朝田 隆,中込和幸編)
  医学書院,東京,18-21,2012

Ⅱ-9)藤瀬 昇池田 学.
  高齢期の気分障害.
  今日の精神疾患治療指針(樋口輝彦,市川宏伸,神庭重信,朝田 隆,中込和幸編)
  医学書院,東京,378-381,2012

Ⅱ-10)遊亀誠二池田 学.
  うつ状態.
  神経疾患最新の治療2012−2014(小林祥泰,水澤英洋編).南江堂,東京,374−378,2012

Ⅱ-11)橋本 衛.
  アルツハイマー病.
  認知症 臨床の最前線(池田 学編).医歯薬出版,東京,20-33,2012

Ⅱ-12)池田 学.
  前頭側頭葉変性症.
  認知症 臨床の最前線(池田 学編).医歯薬出版,東京,57-65,2012

Ⅱ-13)矢田部裕介.
  性的逸脱行動(PSPを中心に).
  認知症 臨床の最前線(池田 学編).医歯薬出版, 東京, 86, 2012.

Ⅱ-14)橋本 衛,池尻義隆,池田 学.
  認知症の治療薬.
  認知症 臨床の最前線(池田 学編).医歯薬出版,東京,164-174,2012

Ⅱ-15)池田 学.
  認知症診療の基本.
  認知症 臨床の最前線(池田 学編).医歯薬出版,東京,146-149,2012

Ⅱ-16)池田 学.
  認知症の治療とケアの原則.
  認知症 臨床の最前線(池田 学編).医歯薬出版,東京,158-163,2012

Ⅱ-17)石川智久.
  地域における支援体制.
  認知症 臨床の最前線(池田 学編).医歯薬出版,東京,196-204,2012

Ⅱ-18)小嶋誠志郎.
  認知症疾患医療センター-熊本モデルを中心に. 
  認知症 臨床の最前線(池田 学編).医歯薬出版,東京,205-206,2012

3. 雑誌総説

2012年(平成24年)

Ⅲ-1)池田 学.
  認知症は症候学とCTのみでどこまで診断できるか. 
  精神科診断学 5: 52-56, 2012

Ⅲ-2)畑田 裕橋本 衛池田 学.
  アルツハイマー病の病態と検査・診断・治療 -アルツハイマー病研究の新しい知見を交えて. 
  作業療法ジャーナル 46:1418−1425,2012

Ⅲ-3)長谷川典子, 石川智久, 橋本 衛, 池田 学.
  前頭側頭葉変性症と高次脳機能障害 Cognition and Dementia 11(1): 34 -41, 2012

Ⅲ-4)矢田部裕介, 藤瀬 昇, 池田 学.
  災害派遣・医療支援レポート-宮城県南三陸町からのレポート.
  老年精神医学雑誌 23(2): 181-184, 2012.

Ⅲ-5)小嶋誠志郎, 池田 学.
  認知症診療を身近な地域で展開するために-認知症疾患医療センターの人材育成機能-. 
  Cognition and Dementia 11(2): 76-78, 2012

Ⅲ-6)橋本 衛, 池田 学
  頭部外傷後遺症の薬物療法.
  精神科治療 27(3): 341-346, 2012

Ⅲ-7)橋本 衛
  精神症状(BPSD)への対応.
  日本医師会雑誌 141(3): 561-564, 2012

Ⅲ-8)牛島洋景.
  発達障害の神経心理学的特徴;その評価の意義を中心に. 
  Pharma Medica 30(4):25-27,2012

Ⅲ-9)橋本 衛
  FTLDに特有のBPSD発生メカニズムと具体的対処法.
  老年精神医学雑誌 23(suppl.I):89-94, 2012 

Ⅲ-10)津野田尚子, 橋本 衛
  レビー小体型認知症症例におけるカプグラ症候群.-症候学的経過に注目して-.
  臨床精神医学 41(6): 707-713, 2012

Ⅲ-11)一美奈緒子橋本 衛小松優子池田 学.
  意味性認知症における言語訓練の意義.
  高次脳機能研究 32: 417−425,2012

Ⅲ-12)田中 響橋本 衛池田 学
  精神症状の見方と対応 認知症.
  臨牀と研究 89(9): 1179-1184, 2012

Ⅲ-13)池田 学.
  老年期うつ病と認知症の関係. 
  日本医事新報 4606: 50-51,2012

Ⅲ-14)品川俊一郎,池田 学.
  認知症の摂食・嚥下障害−原因疾患別の特徴とアプローチ 前頭側頭型認知症.
  地域リハビリテーション 7:431-520,2012

Ⅲ-15)北川泰久,中島健二,池田 学,三上裕司,羽生春夫.
  座談会 認知症診断・治療の進歩と医療連携.
  日本医師会雑誌 141: 501−513,2012

Ⅲ-16)池田 学.
  認知症の診断.
  日本医師会雑誌 141: 523−527,2012

Ⅲ-17)藤瀬 昇.
  抗うつ薬の今後について.
  Clinician vol. 59: 18-19, 2012

Ⅲ-18)橋本 衛
  脱抑制行動、常同行動.
  Clinician vol. 59: 37-41, 2012

Ⅲ-19)丸山貴志,西田まゆみ,坂本眞一,池田 学.
  既存の精神科病院をつなぐ地域ネットワーク,熊本方式の現状と課題. 
  老年精神医学雑誌 23: 568-571,2012

Ⅲ-20)杉田義郎, 松下正輝.
  睡眠と酸化ストレス.
  分子精神医学 12(1): 27-32, 2012

Ⅲ-21)小嶋誠志郎池田 学.
  認知症疾患センターの連携機能. 
  老年精神医学雑誌 23:294-298,2012

Ⅲ-22)池田 学.
  Q.認知症患者の自動車運転について教えてください.
   治療94増刊号:893 --895,2012

Ⅲ-23)藤瀬 昇池田 学.
  うつ病と認知症の関連について. 
  精神経誌 114:276-281,2012

Ⅲ-24)橋本 衛池田 学.
  頭部外傷後遺症の薬物療法. 
  精神科治療学 27 : 341-346, 2012

Ⅲ-25)橋本 衛,兼田桂一郎,池田 学.
  レビー小体型認知症のBPSDの特徴と治療.
  Demantia Japan 26 : 82-88, 2012

Ⅲ-26)池田 学.
  現代社会とうつ病(9) うつ病と認知症. 
  最新医学 67:116--119,2012

Ⅲ-27)矢田部裕介, 石川智久, 池田 学.
  ガランタミン投与により精神症状の改善をみたアルツハイマー病の一例.  
  Cognition and Dementia 11(4): 65-68, 2012

4. 報告書など

2012年(平成24年)

Ⅳ-1)池田 学.
  書評:松下正明「高齢社会と認知症診療」
  臨床精神医学 41: 449-450,2012

Ⅳ-2)池田 学藤瀬 昇.
  新規抗うつ剤の最適使用戦略を確立するための大規模無作為割り付け比較試験:熊本サイト
  厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業.うつ病の最適治療ストラテジーを
  確立するための大規模多施設共同研究(主任研究者 古川壽亮)
  平成23年度 総括・分担報告書,54-58,2012

Ⅳ-3)池田 学.
  厚生労働科学研究費補助金 認知症対策総合研究事業.
  かかりつけ医のための認知症の鑑別診断と疾患別治療に関する研究.
  平成21〜23年度 総合報告書(主任研究者 池田 学),p325,2012

Ⅳ-4)池田 学.
  意味性認知症における食行動異常の検討-左右側頭葉萎縮優位部位の違いによる比較−
  厚生労働科学研究費補助金 認知症対策総合研究事業.かかりつけ医のための認知症の
  鑑別診断と疾患別治療に関する研究.
  平成23年度 総括・分担報告書(主任研究者 池田 学),1-4,2012

Ⅳ-5)池田 学小松優子小嶋誠志郎丸山貴志
  若年性認知症の地域におけるサービス利用に関する研究.
  長寿医療研究開発費 認知症地域連携マップの作成.
  平成23年度 研究報告書(主任研究者 武田章敬),120-123,2012

Ⅳ-6)池田 学.
  平成23年度 熊本県認知症疾患医療センター報告書 2012

Ⅳ-7) 池田 学.(編集委員) 
  認知症治療ガイドライン2010, コンパクト版 2012, 日本神経学会監修.
  医学書院, 東京, 2012

Ⅳ-8)池田 学, 石川智久, 丸山貴志.
  「都市部における認知症有病率と認知症の生活機能障害への対応」 
  平成23年度厚生労働科学研究費補助金(認知症対策総合研究事業)

Ⅳ-9) 藤瀬 昇.
  高齢者のうつ病. メンタルヘルスくまもと(2012-2013年度版).
  公益社団法人熊本県精神保健福祉協会

Ⅳ-10)石川智久.
   「第31回日本社会精神医学会」学会印象記.
  日本社会精神医学会雑誌 21(2), 2012

Ⅳ-11)一美奈緒子.
  真の意味での家族支援とは-高次脳機能障害およびその家族との3年間のかかわりと通して-. 
  放送大学大学院教育成果報告 Open Forum. 第8号, 2012

Ⅳ-12)田中 希
  熊本医学会ニューズレター p28.「フォーラム報告書1」
  熊本大学高次脳機能セミナー研修報告.2012年6月25日

Ⅳ-13)田中 希
  高次脳機能障害とは. メンタルヘルスくまもと(2012-2013年度版).
  公益社団法人熊本県精神保健福祉協会 

5. 国際学会・シンポジウムなど

2012年(平成24年)

Ⅴ-1)(シンポジウム)Ikeda M.
  Symposium: Vascularcognitive impairment.
  Vascular lesions in neuro-degenerative dementia.
  6th Congress of Asian Society Against Dementia, Kuala Lumpur, June 14-16, 2012 

Ⅴ-2)(シンポジウム)Ikeda M.
  Symposium: Psychosocial intervention.
  Outreach intervention for early-onset dementia by multi-disciplinary staffs.
  6th Congress of Asian Society Against Dementia, Kuala Lumpur, June 14-16, 2012

Ⅴ-3)(Keynote Address) Ikeda M.
  Older Adults and Mental Health in the Face of Natural Disasters - Tohoku Tsunami
  Disaster.
  International Psychiatric Association International Meeting 2012, Cairns, Australia,
  September 7-11, 2012

Ⅴ-4)(ポスター発表) Fukuhara R, Matsumoto T, Kitamura I, Tanimukai S, Ueno S, Ikeda M.
  Two cases of Alzheimer's disease with persecutive delusion effectively improved by
  medication of paroxetine.
  International Psychiatric Association International Meeting 2012, Cairns, Australia,
  September 7-11, 2012

Ⅴ-5)(ポスター発表) Matsumoto T, Tanimukai S, Kamimura N, Fukuhara R, Toyota Y,
  Sonobe N, Hirono N, Ueno S, Ikeda M
  Simple criteria to detect unsafe deivers with AD.
  International Psychiatric Association International Meeting 2012, Cairns, Australia,
  September 7-11, 2012

Ⅴ-6)(ポスター発表) Hasegawa N, Koyama A, Hashimoto M, Ishikawa T, Yatabe Y,
   Kaneda K, Honda K, Yuuki S, Ogawa Y, Araki K, Ikeda M
  Depressive state in caregivers of patients with dementia.
  International Psychiatric Association International Meeting 2012, Cairns, Australia,
  September 7-11, 2012

Ⅴ-7)(ポスター発表)Ichimi N, Hashimoto M, Komatsu Y, Tanaka N, Ikeda M
  Outreach intervention for early-onset dementia.
  International Psychiatric Association International Meeting 2012, Cairns, Australia, 
  September 7-11, 2012

Ⅴ-8)(シンポジウム)Tsuyuguchi A, Hashimoto M, Yatabe Y, Ikeda M
  Depression and apathy in the four major dementias.
  Asian Workshop on Geriatric Psychiatry, Tokyo, September 15, 2012

Ⅴ-9)(シンポジウム)Ikeda M.
  Session: Alzheimer's disease.
  Therapeutic Strategies in Dementia with Lewy bodies.
  28th International Kumamoto Medical Bioscience Symposium, Kumamoto,
  November 15-16, 2012 

Ⅴ-10)(シンポジウム)Ikeda M.
  Symposium: Dementia from a cross-cultural perspective.
  The outreach intervention for early-onset dementia by multi-disciplinary staffs in Japan.
  Biennial meeting of World Federation of Neurology, Research Group of Aphasia &
  Cognitive Disorders, Hyderabad, India, December 9-12, 2012

Ⅴ-11)(ポスター) Komatsu Y, Hashimoto M, Ishikawa T, Yatabe Y, Tanaka H, Hatada Y,
  Ikeda M.
  A case of primary acalculia with Alzheimer's disease. The outreach intervention for early-
  onset dementia by multi-disciplinary staffs in Japan.
  Biennial meeting of World Federation of Neurology, Research Group of Aphasia &
  Cognitive Disorders, Hyderabad, India, December 9-12, 2012

V-12)(教育講演)池田 学
  「認知症の病態とリハビリテーション」
  第31回日本リハビリテーション医学会九州地方会.平成24年2月19日 熊本(熊本森都心プラ
  ザ).

V-13)(シンポジウム)池田 学.
  精神看護における患者・家族の体験、先駆的看護実践と研究の統合.
  「認知症を地域で支えるための先駆的医療の実践」
  第22回日本精神保健看護学会総会,熊本,6月23-24日,2012

V-14)(シンポジウム)池田 学.
  高齢者・認知症デイケア・デイサービスのこれからを考える.
  「認知症デイケアの重要性」
  日本デイケア学会 第17回年次大会,福岡,9月22-23日,2012

V-15)(シンポジウム)板橋 薫.
  公開講座「認知症をもつ人の笑顔と共にある看護」-認知症看護認定看護師の活動から-.
  神戸(兵庫県看護協会). 10月6日, 2012

V-16)(シンポジウム)池田 学.
  進行性失語.
  「進行性失語の概念と診断」
  第36回日本高次脳機能障害学会(旧失語症学会)学術総会,宇都宮,11月22-23日,2012

V-17)(講演)小嶋誠志郎.
  「熊本モデル 認知症医療対策の成果と今後の展望」
  全国フォーラムin熊本2011. 平成24年1月14日 熊本(熊本テルサ).

V-18)(講演)城野 匡
  「不安、抑うつ及びせん妄等の精神症状に対する緩和ケア」「がん医療におけるコミュニケーション
  技術」
  緩和ケア研修会.平成24年1月29日 熊本(熊本再春荘病院).

V-19)(講演)橋本 衛
  「認知症を考える」~医療・介護・地域支援のいま~
  「認知症とはどんな病気か~症状から診断、治療まで~」
  第45回肥後医育塾公開セミナー.平成24年2月25日 熊本(くまもと森都心プラザ).

V-20)(講演)藤瀬 昇
  「熊本県のうつに関する実態調査」パートⅡ
  平成24年度地域自殺対策研究会.平成24年6月11日 熊本(水前寺共済会館グレーシア).

V-21)(講演)田中 希
  「高次脳機能しょうがい学生の支援」
  しょうがい学生支援サポーター養成講座.平成24年8月29日 熊本(熊本学園大学).


« 2013 | 研究業績トップページへ | 2011 »

熊本大学医学部附属病院 神経精神科 医局 〒860-8556熊本市中央区本荘1-1-1診療のご予約・お問い合わせは、熊本大学医学部附属病院 外来予約センターTEL.096-373-5973(受付時間:午前9時〜午後5時)

私たち熊本大学神経精神科は、社会問題にもなっている認知症、最近の自殺の増加で注目をされているうつ病、自閉症を中心とする発達障害、新しい薬物療法と生活支援により社会復帰が主要な治療目標となった統合失調症、などを取り扱う精神科医療専門の診療科です。当科では、バランス感覚のとれた優秀な若手精神科医の育成を目指しています。県内外の関連病院の全面的な協力のもと、様々な精神科医療の現場を経験できる研修システムを構築しています。研究に関しては、様々な場所で臨床ならびに研究のキャリアを積んだ教官のもと、若い先生方の研究意欲にも幅広く対応できます。