熊本大学大学院生命科学研究部 神経精神医学分野:神経精神科

石川 智久 教官(助教)

●所属学会: 

日本老年精神医学会  
日本神経心理学会  
日本高次脳機能障害学会(旧 失語症学会)  
日本神経精神医学会  

 

●主な業績: 
1) Ishikawa T, Ikeda M, Matsumoto N, Shigenobu K, Brayne C, Tanabe H. A longitudinal study regarding conversion from mild memory impairment to dementia in a Japanese community. Int J Geriatr Psychiatry. 2006 Feb;21(2):134-9.

2) Sonobe N, Hata R, Ishikawa T, Sonobe K, Mtsumoto T, Toyota T, Mori T, Fukuhara R, Komori K, Ueno S,Tanimukai S, Ikeda M. Risk of progression from mild memory impairment to clinically diagnosable Alzheimer's disease in a Japanese community (from the Nakayama Study)  Int Psychogeriatr 2010;Dec:16.1-8.

3) 石川智久, 池田学, 田邉敬貴.【アルツハイマー型認知症の実地診療の課題を考える】軽度認知障害(MCI)をどのように考え、どう対処すべきなのか 近未来の課題は 軽度認知障害の地域研究から見えてきた課題と近未来への展望 愛媛県中山町研究の結果から明らかになってきた課題(原著論文/特集) .老年精神医学雑誌 17巻増刊Ⅱ Page61-66 (2006.12)

4) 石川智久, 小森憲治郎, 松本伊津美, 繁信和恵, 池田学, 田邉敬貴.意味性認知症の非言語性環境音認知における左右側頭葉の役割について.高次脳機能研究 28巻1号 Page94(2008.03)

5) 石川智久, 中川賀嗣, 小森憲治郎, 池田学, 田邉敬貴.右側優位の側頭葉萎縮をともなった相貌認知障害の一症例.高次脳機能研究 28巻1号 Page1-10(2008.03)

6) 植田賢, 石川智久, 前田兼宏, 柏木宏子, 遊亀誠二, 福原竜治, 池田学.アルツハイマー病との鑑別を要した左前部視床梗塞後の軽度認知障害例(原著論文).精神医学 58巻1号 Page81-85 (2016.01)

スタッフ紹介トップページへ

ピックアップコンテンツ

セミナー情報
今後のセミナー情報を掲載していきます

研修プログラム
プログラムの概要や特徴・週間スケジュールなど

スタッフ紹介
私たちが神経精神科のメンバーです

熊本県認知症疾患医療センター

熊本県高次脳機能障害支援センター

熊本県発達障がい医療センター

診療のご案内:外来担当医のスケジュールはこちら

入局者募集中

熊本大学医学部附属病院 神経精神科 医局 〒860-8556熊本市中央区本荘1-1-1診療のご予約・お問い合わせは、熊本大学医学部附属病院 外来予約センターTEL.096-373-5973(受付時間:午前9時〜午後5時)

私たち熊本大学神経精神科は、社会問題にもなっている認知症、最近の自殺の増加で注目をされているうつ病、自閉症を中心とする発達障害、新しい薬物療法と生活支援により社会復帰が主要な治療目標となった統合失調症、などを取り扱う精神科医療専門の診療科です。当科では、バランス感覚のとれた優秀な若手精神科医の育成を目指しています。県内外の関連病院の全面的な協力のもと、様々な精神科医療の現場を経験できる研修システムを構築しています。研究に関しては、様々な場所で臨床ならびに研究のキャリアを積んだ教官のもと、若い先生方の研究意欲にも幅広く対応できます。