熊本大学大学院生命科学研究部 神経精神医学分野:神経精神科

城野 匡 講師

●略歴
平成8年3月 熊本大学医学部卒業
平成8年6月 熊本大学医学部神経科精神科入局
平成9年4月 宮崎県立宮崎病院精神科赴任
平成10年4月 熊本大学大学院医学研究科入学
平成14年3月 熊本大学大学院医学研究科卒業
平成14年4月 熊本大学医学部神経科精神科医員
平成15年7月 熊本大学医学部臨床行動科学講座助手
平成16年5月 熊本大学医学部脳機能病態学分野助手
平成27年4月 熊本大学医学部附属病院神経精神科講師


●主な業績
1. Tadashi Jono, Ryoji Nagai, Xia Lin, Naila Ahmed, Paul J. Thornalley, Motohiro Takeya, Seikoh Horiuchi N -(carboxymethyl)lysine and 3-DG-imidazolone are major AGE structures in protein modification by 3-deoxyglucosone. Jouranal of Biochemistry 136: 351-358, 2004

2. Tadashi Jono, Takemi Kimura, Junichi Takamatsu, Ryoji Nagai, Kiminori Miyazaki, Takefumi Yuzuriha, Toshinori Kitamura, Seikoh Horiuchi. Imidazolone, pentosidine and N -(carboxymethyl)lysine were accumulated in CA4 pyramidal neurons of hippocampus of aged human brain. Pathology International 52: 563-571, 2002.

3. Tadashi Jono, Akira Miyazaki, Ryoji Nagai, Tatsuya Sawamura, Toshinori Kitamura, Seikoh Horiuchi. Lectin-like oxidized low density lipoprotein receptor-1 (LOX-1) serves as an endothelial receptor for advanced glycation end products (AGE). Federation of European Biochemical Societies (FEBS) Letters 511: 170-174, 2002.

4. Noriyuki Sakata, Noriko Uesugi, Shigeo Takebayashi, Ryoji Nagai, Tadashi Jono, Seikoh Horiuchi, Motohiro Takeya, Hiroyuki Itabe, Tatsuya Takano, Theingi Myint, Naoyuki Taniguchi. Glycoxidation and lipid peroxidation of low-density lipoprotein can synergistically enhance atherogenesis. Cardiovascular Research 49: 466-475, 2001.

5. Noriyuki Shibata, Ryoji Nagai, Satoshi Miyata, Tadashi Jono, Seikoh Horiuchi, Asao Hirano, Shinsuke Kato, Shoichi Sasaki, Kohtaro Asayama, Makio Kobayashi. Nonoxidative protein glycation is implicated in familial amyotrophic lateral sclerosis with superoxide dismutase-1 mutation. Acta Neuropathologica (Berlin). 100: 275-284, 2000.

6. Noriko Uesugi, Noriyuki Sakata, Ryoji Nagai, Tadashi Jono, Seikoh Horiuchi, Shigeo Takebayashi. Glycoxidative modification of AA amyloid deposits in renal tissue. Nephrology Dialysis Transplantation 15:355-365, 2000.

7. 武井宣之、矢田部裕介、脇山秀樹、城野匡: 再発するうつ病にclomipramineからfluvoxamineへの変更が奏効した一例 Pharma medica 22; 97-100, 2004

8. 城野匡、池上研、中島央: 対話困難な思春期症例への課題を用いた解決志向アプローチの導入 九州神経精神医学 50: 103-108, 2004

9. 木村武実、城野匡、宮川太平、堀内正公: Advanced Glycation End Products (AGE) 構造体の脳内分布 老年期痴呆研究会誌 13: 76-79, 2003

10. 矢田部祐介、城野匡、北村俊則: うつ病の発症関連因子 心理社会的危険因子 クリニカルニューロサイエンス 22: 144-146, 2003

11. 城野匡、北村俊則 4. 疫学. よくわかるうつ病のすべて 永井書店 36-42、2003

12. 下地朋友、城野匡、森健太、趙岳人、福田達矢 アモク:間欠性爆発性障害および'多重決定要因モデル'の視点から 別冊日本臨床 領域別症候群シリーズ 38: 140-143, 2003

13. 城野匡、高森薫生、北村俊則. 精神保健福祉法における任意入院と患者の判断・同意能力 臨床精神医学 31: 1471-1476, 2002

14. 木村武実、城野匡、堀内正公、宮川太平. Advanced glycation end products (AGE )とアルツハイマー病 脳の科学 145:145-148, 2000

15. 城野匡、堀内正公 血管生物学用語ハンドブック、メディカルレビュー社、p176-177、1999

16. 永井竜児、城野匡、堀内正公. AGEと老化 CLINICIAN エーザイ株式会社 45:110-115、1998

スタッフ紹介トップページへ

ピックアップコンテンツ

セミナー情報
今後のセミナー情報を掲載していきます

研修プログラム
プログラムの概要や特徴・週間スケジュールなど

スタッフ紹介
私たちが神経精神科のメンバーです

熊本県認知症疾患医療センター

熊本県高次脳機能障害支援センター

熊本県発達障がい医療センター

診療のご案内:外来担当医のスケジュールはこちら

入局者募集中

熊本大学医学部附属病院 神経精神科 医局 〒860-8556熊本市中央区本荘1-1-1診療のご予約・お問い合わせは、熊本大学医学部附属病院 外来予約センターTEL.096-373-5973(受付時間:午前9時〜午後5時)

私たち熊本大学神経精神科は、社会問題にもなっている認知症、最近の自殺の増加で注目をされているうつ病、自閉症を中心とする発達障害、新しい薬物療法と生活支援により社会復帰が主要な治療目標となった統合失調症、などを取り扱う精神科医療専門の診療科です。当科では、バランス感覚のとれた優秀な若手精神科医の育成を目指しています。県内外の関連病院の全面的な協力のもと、様々な精神科医療の現場を経験できる研修システムを構築しています。研究に関しては、様々な場所で臨床ならびに研究のキャリアを積んだ教官のもと、若い先生方の研究意欲にも幅広く対応できます。