熊本大学大学院生命科学研究部 神経精神医学分野:神経精神科

池田 学 非常勤診療医師

photo.jpg
略歴
1984年東京大学理学部生物学科人類学課程卒業。1988年大阪大学医学部卒業。同大学医学部附属病院神経科精神科にて研修の後、1993年大阪大学大学院医学研究科(精神医学)にて博士号取得。同年より1年間東京都精神医学総合研究所に国内留学、神経病理学の基礎を学ぶ。1994年兵庫県立高齢者脳機能研究センター研究員兼医長として、認知症患者の診療と臨床研究に従事する。

1996年9月愛媛大学医学部精神科神経科助手として赴任し、中山町にて認知症性疾患の地域疫学調査とケアシステムの構築に関する研究に着手する。2000年より1年間ケンブリッジ大学神経科に国外留学、認知症性疾患の神経心理学的研究に従事する。2002年より、愛媛大学医学部神経精神医学講座助教授。

2007年より、熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学分野(神経精神科)教授。精神症状の神経基盤に関する画像解析、認知症の疾患別治療法の開発、中山町におけるMCIや認知症に関する疫学調査、Semantic dementiaの意味記憶障害、2003-2006年には厚生労働省の研究班長として認知症患者の自動車運転に関する研究などに取り組んだ。熊本では、県全域の若年性認知症の実態調査、高次脳機能障害患者の支援ネットワーク構築、うつ病と自殺予防介入プロジェクト、認知症疾患医療センター(熊本モデル)による認知症診療ネットワーク構築などに着手している。2009年より、厚生労働省「かかりつけ医のための認知症の鑑別診断と疾患別治療に関する研究」の研究班長としても活動した。

2016年5月より、大阪大学大学院医学系研究科精神医学教室教授。


主な所属学会、編集委員会など
・日本老年精神医学会(理事,認定医,指導医)
・日本神経心理学会(理事,学会誌編集委員)
・日本高次脳機能学会 (理事,学会誌編集委員)
・World Federation of Neurology: Research Group of Aphasia and Cognitive Disorders
・日本神経精神医学会(理事)
・日本精神神経学会(評議員、専門医、学会誌編集委員)
・日本認知症学会(理事、学会誌編集委員)
・日本認知症ケア学会(理事),他


主要研究領域
老年精神医学,神経心理学,老年期精神疾患の疫学,など


趣味
釣り


最近の著書
・池田 学
中公新書 認知症
中央公論新社,東京,2010

・小阪憲司,池田 学
神経心理学コレクション
レビー小体型認知症の臨床
医学書院,東京,2010

・池田 学 (編著)
専門医のための精神科リュミエール 前頭側頭型認知症の臨床
中山書店,東京,2010

・池田 学
老年期うつ病--認知症との関連を中心に
現代うつ病の臨床(神庭重信,黒木俊秀編)
創元社,大阪,245−256,2009

・Manabu Ikeda
Fronto-temporal dementia
Therapeutic strategies in dementia (eds. Ritchie CW, Ames DJ, Masters CL, Cummings J)
Clinical Publishing, Oxford, 287-299,2006


主な業績
・Kashibayashi T, Ikeda M, Komori K, Shinagawa S, Shimizu H, Toyota Y, Mori T, Ishikawa T, Fukuhara R, Ueno S, Tanimukai S
Transition of distinctive symptoms of semantic dementia during longitudinal clinical observation
Dement Geriatr Cogn Disord 29 : 224-232, 2010

・Suh GH, Wimo A, Gauthier S, O'Connor D , Ikeda M, Homma A, Dominguez J, Yang BM
International Price Comparisons for the Alzheimer's Drugs : A Way to Close the Affordability Gap
Int Psychogeriatr 21 : 1116-1126, 2009

・Shinagawa S, Adachi H, Toyota Y, Mori T, Matsumoto I, Fukuhara R, Ikeda M
Characteristics of eating and swallowing problems in patients who have dementia with Lewy bodies.
Int Psychogeriatr 21: 520-5, 2009

・Shinagawa S, Ikeda M, Toyota Y, Matsumoto T, Matsumoto N, Mori T, Ishikawa T, Fukuhara R, Komori K, Hokoishi K, Tanabe H
Frequency and clinical characteristics of early-onset dementia in consecutive patients in a memory clinic
Dement Geriatr Cogn Disord 24 : 42-47, 2007

・Toyota Y, Ikeda M, Shinagawa S, Matsumoto T, Matsumoto N, Hokoishi K, Fukuhara R, Ishikawa T, Mori T, Adachi H, Komori K, Tanabe H
Comparison of behavioral and psychological symptoms in early-onset and late-onset Alzheimer's disease
Int J Geriatr Psychiatry 22 : 896-901, 2007

・Matsumoto N, Ikeda M, Fukuhara R, Shinagawa S, Ishikawa T, Mori T, Toyota Y, Matsumoto T, Adachi H, Hirono N, Tanabe H
Caregiver's burden associated with behavioral and psychological symptoms of dementia in the local community elderly people
Dement Geriatr Cogn Disord 23 : 219-224, 2007

・Mori T, Ikeda M, Fukuhara R, Nestor PJ, Tanabe H
Correlation of visual hallucinations with occipital rCBF changes by donepezil in DLB
Neurology 66 : 935-937, 2006

・Ikeda M, Patterson K, Graham KS, Lambon Ralph MA, Hodges JR
A horse of a different colour: Do patients with semantic dementia recognize different versions of the same object as the same? 
Neuropsychologia 44 : 566-575, 2006

・Ikeda M, Fukuhara R, Shigenobu K, Hokoishi K, Maki N, Nebu A, Komori K, Tanabe H
Dementia-associated mental and behavioral disturbances in community dwelling elderly: findings from the first Nakayama study
J Neurol Neurosurg Psychiatry 75: 146-148, 2004

・Ikeda M, Shigenobu K, Fukuhara R, Hokoishi K, Maki N, Nebu A, Komori K, Tanabe H
Efficacy of fluvoxamine as a treatment for behavioral symptoms in FTLD patients 
Dement Geriatr Cogn Disord 17 : 117-121, 2004

・Ikeda M, Shigenobu K, Fukuhara R, Maki N, Hokoishi K, Nebu A, Nomura M, Komori K, Tanabe H
Delusions of Japanese patients with Alzheimer's disease
Int J Geriatr Psychiatry 18 : 527-532, 2003

・Ikeda M, Brown J, Holland AJ, Fukuhara R, Hodges JR
Changes in appetite, food preference, and eating habits in frontotemporal dementia and Alzheimer's disease
J Neurol Neurosurg Psychiatry 73 : 371-376, 2002

・Shigenobu K, Ikeda M, Fukuhara R, Maki N, Hokoishi K, Nebu A, Yasuoka T, Komori K, Tanabe H
 The Stereotypy Rating Inventory for Frontotemporal Lobar Degeneration
Psychiatry Research 110 : 175-187, 2002

・Ikeda M, Hokoishi K, Maki N, Nebu A, Tachibana N, Komori K, Shigenobu K, Fukuhara R, Tanabe H
Increased prevalence of vascular dementia in Japan : A community based epidemiological study
Neurology 57 : 839-844, 2001

・Fukuhara R, Ikeda M, Nebu A, Kikuchi T, Maki N, Hokoishi K, Shigenobu K, Komori K, Tanabe H
Alteration of rCBF in Alzheimer's disease patients with delusions of theft
Neuroreport 12 : 2473-2476, 2001

・Mori E, Ikeda M, Hirono N, Kitagaki H, Imamura T, Shimomura T
Amygdalar Volume and Emotional Memory in Alzheimer's Disease
Am J Psychiatry 156 : 216-222, 1999

・Ikeda M, Mori E, Hirono N, Imamura T, Shimomura T, Ikejiri Y, Yamashita H
Amnestic Alzheimer patients remembered the Kobe Earthquake
Br J Psychiatry 172 : 425-428, 1998



スタッフ紹介トップページへ

ピックアップコンテンツ

セミナー情報
今後のセミナー情報を掲載していきます

研修プログラム
プログラムの概要や特徴・週間スケジュールなど

スタッフ紹介
私たちが神経精神科のメンバーです

熊本県認知症疾患医療センター

熊本県高次脳機能障害支援センター

熊本県発達障がい医療センター

診療のご案内:外来担当医のスケジュールはこちら

入局者募集中

熊本大学医学部附属病院 神経精神科 医局 〒860-8556熊本市中央区本荘1-1-1診療のご予約・お問い合わせは、熊本大学医学部附属病院 外来予約センターTEL.096-373-5973(受付時間:午前9時〜午後5時)

私たち熊本大学神経精神科は、社会問題にもなっている認知症、最近の自殺の増加で注目をされているうつ病、自閉症を中心とする発達障害、新しい薬物療法と生活支援により社会復帰が主要な治療目標となった統合失調症、などを取り扱う精神科医療専門の診療科です。当科では、バランス感覚のとれた優秀な若手精神科医の育成を目指しています。県内外の関連病院の全面的な協力のもと、様々な精神科医療の現場を経験できる研修システムを構築しています。研究に関しては、様々な場所で臨床ならびに研究のキャリアを積んだ教官のもと、若い先生方の研究意欲にも幅広く対応できます。