熊本大学大学院生命科学研究部 神経精神医学分野:神経精神科

研修プログラム

前期研修プログラム

  • 「熊本大学医学部附属病院臨床研修プログラム」に詳しく掲載している。概略は以下の通りである。
  • 原則、医員-研修医のマンツーマン方式で、入院患者の診療にあたる。

    入院診療はグループ体制をとっており、それぞれのグループに所属し、
    毎週グループカンファレンスにて担当患者の治療について話し合う。

    曜日ごとに、外来新患の予診をとる。随時、外来診療への陪席も可能。

  • 1〜2ヶ月コース
    レポート提出が義務付けられているA疾患(統合失調症、気分障害、認知症)の入院診療を中心に、最低限の精神科診断および面接の研修が可能。最終週に、各自が興味を持った症例について発表を行い、研修のまとめとする。

    3〜5ヶ月コース
    ・専門外来(認知症・高次脳機能障害、児童・青年期)への参加が可能。
    ・神経学的所見の取り方、脳画像所見の読み方、臨床心理士による各種心理検査の研修が可能。

    6〜12ヶ月コース
    ・教室で取り組んでいるフィールドワーク(「脳血管障害後のうつ状態の調査」「高齢者うつの実態調査と自殺予防介入」など)への参加が可能。
    ・関連病院における各種精神科専門治療の見学が可能。

後期研修(専門修練)プログラム

  • スーパーローテートを終えた卒後3年目からの研修。臨床と研究の基礎的知識を習得する。後期研修の間に厚生労働省の定める精神保健指定医の資格取得を第一の目標としている。主に入院患者の担当となるが、希望に応じて外来診療、専門外来への参加も可能。また当科は、日本精神神経学会専門医、日本老年精神医学会専門医、および日本認知症学会専門医の研修指定を受けている。出身大学や初期研修を受けた医療機関によって研修の内容が異なることはない。
  • 県内唯一の大学病院であり、認知症などの器質性精神障害、急性期・慢性期の精神病性障害、気分障害、児童・青年期の精神疾患、摂食障害を含む神経症性障害、パーソナリテイ障害、てんかん、コンサルテーションリエゾンなど豊富な症例が経験できる。当科は熊本県認知症疾患医療センター(基幹型病院)と熊本県高次脳機能障害支援センターの指定を受けており、専門外来を通して多数の症例を経験できる。
    さらに当教室は県内外に多くの関連病院(下記一覧を参照)を有し、診療および教育において緊密な連携を取っており、精神保健指定医の申請に必要な症例は後期研修中に十分に経験できる。
  • 1)精神症状の神経基盤に関する研究
    2)認知症の疾患別治療とケアに関する研究
    3)高次脳機能障害の症候学とリハビリテーションに関する研究
    4)老年期うつ病と自殺予防に関する研究
    5)修正型電気けいれん療法における電気生理学的指標の検索
    6)認知症の介護負担に関する研究
    7)児童・青年期の集団過換気症候群に関する研究
    8)発達障害に関する疫学研究
    9)発達障害の症候学と治療に関する研究
    10)光トポグラフィー検査を用いた認知症早期診断に関する研究

週間スケジュール(大学病院の場合)

曜日 午前 午後
カンファレンス・回診 精神科臨床セミナー(午後6時半から)
病棟診療 認知症・高次脳機能障害専門外来研修
外来(陪席)・病棟診療 児童・青年期専門外来研修
病棟診療 シルバーうつ専門外来研修
病棟診療 グループカンファ

研修の方略(スケジュール・研修期間など)

  • 後期研修4年目で精神保健指定医資格を取得することを目標とする。
    (但し、途中での大学院入学も可能。その場合、取得は繰り下げ)
    社会人選抜大学院の場合は、臨床と研究を同時進行で行う。
  • 各関連病院との連携で、指定医取得に必要な豊富な症例を経験する。

熊本大学 神経精神科 後期研修プログラム案

研修の評価

精神保健指定医の申請に必要な症例を経験しているか、
達成状況を中心に、年度毎に、研修指導医との話し合いをもって行う。
研修医は指導医とともに習得および経験できていない点について、研修方法を検討していく。

研修実施責任者

◎橋本 衛(准教授)

研修指導責任者

◎城野 匡(講師)   ◎福原 竜治(特任講師)
◎石川 智久(助教)   ◎遊亀 誠二(助教)   ◎梶尾 勇介(助教)
◎西 良知(特任助教)   ◎田中 恭子(特任助教)   ◎田中 響(特任助教) 

当科施設の学会認定状況

  • 日本精神神経学会精神科専門医研修施設
  • 日本老年精神医学会認定医研修施設
  • 日本認知症学会専門医教育施設

関連病院

病院名 所在地 規模 特色など
熊本県立こころの医療センター 熊本市南区富合町 150床 精神科専門病院
国立病院機構熊本医療センター 精神科 熊本市 50床 総合病院精神科
国立病院機構 菊池病院 熊本県菊池郡 210床 精神科専門病院
国立病院機構 肥前精神医療センター 佐賀県吉野ヶ里町 620床 精神科専門病院
麻生飯塚病院 精神科 福岡県飯塚市 150床 総合病院精神科

最近の入局者および各種資格の取得状況

  平成
18
年度
平成
19
年度
平成
20
年度
平成
21
年度
平成
22
年度
平成
23
年度
平成
24
年度
平成
25
年度
平成
26
年度
平成
27
年度
平成
28
年度
入局者 2 10 5 5 6 6 3 5 7 5 10
精神保健指定医取得者 3 4 1 1 3 4 1 0 2    
日本精神神経学会
専門医取得者
0 4 3 2 0 1 0 0 1 1  

ピックアップコンテンツ

セミナー情報
今後のセミナー情報を掲載していきます

研修プログラム
プログラムの概要や特徴・週間スケジュールなど

スタッフ紹介
私たちが神経精神科のメンバーです

熊本県認知症疾患医療センター

熊本県高次脳機能障害支援センター

熊本県発達障がい医療センター

診療のご案内:外来担当医のスケジュールはこちら

入局者募集中

熊本大学医学部附属病院 神経精神科 医局 〒860-8556熊本市中央区本荘1-1-1診療のご予約・お問い合わせは、熊本大学医学部附属病院 外来予約センターTEL.096-373-5973(受付時間:午前9時〜午後5時)

私たち熊本大学神経精神科は、社会問題にもなっている認知症、最近の自殺の増加で注目をされているうつ病、自閉症を中心とする発達障害、新しい薬物療法と生活支援により社会復帰が主要な治療目標となった統合失調症、などを取り扱う精神科医療専門の診療科です。当科では、バランス感覚のとれた優秀な若手精神科医の育成を目指しています。県内外の関連病院の全面的な協力のもと、様々な精神科医療の現場を経験できる研修システムを構築しています。研究に関しては、様々な場所で臨床ならびに研究のキャリアを積んだ教官のもと、若い先生方の研究意欲にも幅広く対応できます。