ニュース|熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学講座ページ
ニュース|熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学講座ページ
ログイン中

ニュース

[最新記事]

[カテゴリ別記事]

[月別記事]

前後期研修医、大学院生を中心に、医師、看護師や臨床心理士などのコメディカル、学生のみな様の勉強の場として活用していただくため、精神科セミナーを開催してまいります。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加前の検温、マスク着用にご協力お願い致します。
◎ 令和2年度  
【第11回】
日時 :令和3年2月22日(月) 18:00~ 
場 所:臨床医学研究棟1Fカンファレンスルーム3
テーマ:「周産期メンタルヘルスについて」
講 師:遊亀 誠二 先生
    (熊本大学病院 助教)


令和2年度精神科セミナーの動画を下記の通り同門会員ページにて公開予定です。 
皆様の勉強の場として活用していただいきたいと思っておりますので、ご興味ある方はご視聴下さい。
なお、動画は医局員・同門会員ページでの限定公開となっております。
配信期間<令和3年2月15日(月)~5月14日(金)12:00まで>

・竹林 実 先生(熊本大学大学院生命科学研究部 神経精神医学講座 教授)
 「精神疾患におけるニューロモデュレーション治療について」
 
・佐々木博之 先生(熊本大学病院神経精神科 特任助教)
 「発達障害全般について」
 
・皆川英明 先生(広島市精神保健福祉センター 所長)
 「精神分析入門 (その2:治療適応とそのアセスメントについて)」
 
・明智龍男 先生(名古屋市立大学大学院 精神・認知・行動科学分野 教授)
「サイコオンコロジー ~がん医療におけるこころの医学~」
 
・門司 晃 先生(佐賀大学医学部 精神医学講座 教授)
「精神疾患の神経炎症仮説 ー統合失調症を中心にー」
 
配信期間<令和3年3月1日(月)~5月31日(月)12:00まで>
・谷口 豪 先生(国立精神・神経医療研究センター精神科  医長)
 「てんかん領域におけるリエゾン精神医学 (psycho-epileptology) の新様式」
 
・笠井清澄 先生(東京大学大学院 精神医学 教授)
 「統合失調症の病態解明の考え方」

※いずれも約1時間の内容です。

前後期研修医、大学院生を中心に、医師、看護師や臨床心理士などのコメディカル、学生のみな様の勉強の場として活用していただくため、精神科セミナーを開催してまいります。

今回は2名の特別講師をお招きし、セミナーを開催いたしますのでぜひご参加ください。
なお、開催方式はいずれもZoomによるオンライン開催です。
詳細は下記ご確認いただけますと幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


【第9回】
日 時: 令和3年2月5日(金)18:00~19:00 
開催方式:Zoomによるオンライン開催
テーマ:「てんかん領域におけるリエゾン精神医学 (psycho-epileptology) の新様式」
講 師:谷口 豪 先生(国立精神・神経医療研究センター精神科 医長)

※当日は開始30分前から入室可能予定としています。参加時はフルネームで登録を行っていただきますようご協力お願いします。
※音声がミュートになっていることをあらかじめご確認ください。
【第10回】
日 時: 令和3年2月12日(金)18:00~19:00 
開催方式:Zoomによるオンライン開催
テーマ:「統合失調症の病態解明の考え方」
講 師:笠井清澄 先生(東京大学大学院 精神医学 教授)

※当日は開始30分前から入室可能予定としています。参加時はフルネームで登録を行っていただきますようご協力お願いします。
※音声がミュートになっていることをあらかじめご確認ください。
  • 1

[最新記事]

[カテゴリ別記事]

[月別記事]

ページトップへ