ニュース|熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学講座ページ
ニュース|熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学講座ページ
ログイン中

ニュース

前後期研修医、大学院生を中心に、医師、看護師や臨床心理士などのコメディカル、学生のみな様の勉強の場として活用していただくため、精神科セミナーを開催してまいります。

◎ 令和元年度  


【第8回】
日時 : 令和元年11月8日(金)18:00~
場 所:熊本大学病院中央診療棟2F集団精神療法室
テーマ: 「子どもはうつ病になるのか?」
講 師:宇佐美 政英 先生
     (国立国際医療研究センター国府台病院
      児童精神科 診療科長)

【第9回】→ 延期になりました
日時 : 令和元年11月25日(月) 18:00~ →令和元年12月16日(月)18:00~
場 所: 中央診療棟棟2F精神科集団療法室
テーマ: 「未定」
講 師:石川 智久 先生
     (熊本大学病院神経精神科 助教)

皆様のご参加をお待ち申し上げます。
なお、会場の詳細・これまでの精神科セミナーについてはセミナー情報ページをご参照ください。
前後期研修医、大学院生を中心に、医師、看護師や臨床心理士などのコメディカル、学生のみな様の勉強の場として活用していただくため、精神科セミナーを開催してまいります。

◎ 令和元年度  


【第6回】
日時 : 令和元年10月21日(月)18:00~
場 所: 中央診療棟棟2F精神科集団療法室
テーマ: 「熊本県あさぎり町における高齢者のうつ病予防の取組み」
講 師:藤瀬 昇 先生
     (熊本大学保健センター センター長)

【第7回】
日時 : 令和元年10月28日(月) 18:00~
場 所: 中央診療棟棟2F精神科集団療法室
テーマ: 「未定」
講 師:遊亀 誠二 先生
     (熊本大学病院神経精神科 助教)

皆様のご参加をお待ち申し上げます。
なお、会場の詳細・これまでの精神科セミナーについてはセミナー情報ページをご参照ください。
2019年度 名医に学ぶセミナーの開催について
Notice about D2 "Learning from Experienced Doctor's Seminar, AY2019"
上記のセミナーを、下記のとおり開催致しますので、ご案内申し上げます。

 

*2019年度名医に学ぶセミナー/ D2 Learning from Experienced Doctors Seminar, 2019*

「脂質生物学への招待」
〜リゾリン脂質メディエーターの生体内機能〜
◆講師:青木 淳賢 先生
東北大学大学院 薬学研究科分子細胞生化学分野 / 教授
Lecturer : Junken AOKI
(Professor, Graduate School of Pharmaceutical Sciences
 Tohoku University)
◆日時:令和元年10月30日(水)17:30~ 
October 30 (Wed) from 5:30 p.m.
◆場所:医学教育図書棟3階 第2講義室
Lecture room 2, Medical Education & Library Building 3F.

Abstract
脂質は組織・細胞の乾燥重量の半分を占める生体物質であり、様々な細胞機能に関与する。しかし、水に溶けない物性、ゲノムに直接コードされないことなどから、脂質分子は特異な生体内物質とみなされ、科学技術が進歩した現在でも解析し難い対象として捉えられている。本講演では、脂質の代表例としてリン脂質・リゾリン脂質の細胞内機能に関して取り上げる。まず、前半は基礎的項目として、細胞膜とリン脂質の理解、さらには、細胞膜リン脂質の分析手法、機能解析手法について考える。さらに後半は、脂質メディエーターとしてのリン脂質の機能を取り上げる。特に、講演者は長年、リゾリン脂質メディエーターの分野で成果を上げてきた。本講演では、リゾリン脂質メデエーターの基礎から臨床応用までを概説する。

◆担当:神経精神医学 竹林 実 教授 / Prof. M TAKEBAYASHI (Department of Neuropsychiatry)
◆レポート宛先/Essay (竹林 教授 宛To Prof. M TAKABAYASHI):mtakebayashi@kumamoto-u.ac.jp
◆レポート宛先/Essay (CC; 医学教務/Student Affairs Sec.):iyg-igaku-3@jimu.kumamoto-u.ac.jp

 

  • 1

ページトップへ