ニュース|熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学講座ページ
ニュース|熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学講座ページ
ログイン中

ニュース
注目情報

[最新記事]

[カテゴリ別記事]

[月別記事]

 この度、うつ病に対するニューロモデュレーション(神経調節)治療の一環として.、保険診療として熊本県内では初めて、九州内では2番目の反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)を開始しました。
 日本精神神経学会が策定した適正使用基準に基づき、NeuroStar TMS(Neuronetics)を用いた治療となります。
 既存の抗うつ薬による十分な薬物療法によっても、期待される治療効果が認められない、中等症以上の成人のうつ病の患者さまが適応となります。外来診察および各種検査で適応を検討し、当院西病棟2階(神経精神科)入院にて実施します。ご希望の方は、当科外来へお電話(096-373-5566)でご相談ください。なお、重症例については、修正型電気けいれん療法(ECT)の適応となります。

 

令和4年度から後期研修を検討されている医師の皆様を対象に、医局説明会を開催いたします。

日程は、
第1回 7月30日金曜  開催済み
第2回 8月27日金曜  開催済み
第3回 9月24日金曜
第4回 10月29日金曜
の4回を予定しています。

いずれも18時から1時間程度のウェブ説明会です。
ご興味のある先生方は個別のご相談も随時受け付けておりますので
是非、ご参加ください。お問い合わせはこちらにどうぞ。
ZOOMの招待メールをお送り致します。
(状況によって可能な場合は対面での参加もご案内します。)
見学も可能です。ぜひ一度見に来てください。

詳細については、こちらのチラシをご確認ください。 

 

熊本大学病院神経精神科 医局長 福原竜治



 
 
  • 1

[最新記事]

[カテゴリ別記事]

[月別記事]

ページトップへ