熊本大学大学院生命科学研究部 神経精神医学分野:神経精神科

研究業績

1986〜1990年の研究業績

原著論文

1986年(昭和61年)
1.Miyakawa T, Katsuragi S, Watanabe K, Shimoji A, Ikeuchi Y. Ultrastructural studies of amyloid fibrils and senile plaques in human brain. Acta Neuropathol (Berl) 70: 202-208, 1986.

2.藤本佳澄, 木村武実, 小田浩一, 中村能文, 赤城藤孝, 岡田久則, 立津美恵子, 宮本憲司朗, 桑原駿介, 宮川太平. 向精神薬による便通異常に対するTrimebutine (セレキノン) の臨床評価. 基礎と臨床 20: 639-652, 1986.


1987年(昭和62年)
1.弟子丸元紀, 古賀 裕, 山下建昭, 乾 達哉, 緒方 明, 宮川太平. Gilles de la Tourette症候群の精神症状. 臨床精神医学16: 709-715, 1987.

2.Shimoji A, Miyakawa T, Watanabe K, Yamashita K, Katsuragi S, Kabashima K. Wilson's disease with extensive degeneration of cerebral white matter and cortex. Jpn J Psychiatry Neurol 41: 709-717, 1987.

3.Shimoji A, Katsuragi S, Miyakawa T, Hira R, Watanabe K, Miyakawa K, Ishitsu T, Miike T. Familial mitochondrial encephalomyopathy with stroke-like episodes and episodic disturbances of consciousness. Jpn J Psychiatry Neurol. 41: 47-55, 1987.

4.桂木正一, 江上昌三, 弟子丸元紀, 下地明友, 渡辺健次郎, 山下建昭, 宮川太平. 結核性髄膜脳炎・脳幹部結核腫で四肢麻痺, 高度の知能障害, 視力喪失などの多彩な症状を呈した小児剖検例. 九州神経精神医学 33: 192-195, 1987.

5.Higuchi Y, Miyakawa T, Shimoji A, Katsuragi S. Ultrastructural changes of blood vessels in the cerebral cortex in Alzheimer's disease. Jpn J Psychiatry Neurol 41: 283-290, 1987.

6.犬飼邦明, 宮本憲司朗, 下地明友, 桂木正一, 宮川太平, 村山英一, 首藤謙二, 宮川洸平, 藤本敏雄, 樺島啓吉, 森山 茂, 続 純一, 樋口康志, 池田英世, 穐月清勝, 平田耕一. 新しいButyrophenone系抗精神病薬Bromperidolの精神分裂病に対する使用経験. 新薬と臨床 36: 1321-1331, 1987.

7.石津棟瑛, 松田一郎, 北野昭人, 下地明友, 木村 元. Mitochondrial cytopathyの1家系例. 臨床神経学27: 983-989, 1987.


1988年(昭和63年)
1.Miyakawa T, Uehara Y, Desaki J, Kimura T, Kuramoto R. Morphological changes of microvessels in the brain with Alzheimer's disease. Jpn J Psychiatry Neurol 42: 819-824, 1988.

2.弟子丸元紀, 金山寿一, 渡辺健次郎, 山本和儀, 山下建昭, 上妻明彦, 荒木邦生, 赤城藤孝, 松永哲夫, 首藤謙二, 倉元涼子, 宮川太平. 児童・思春期(18歳以下)発症の精神分裂病の状態像:昭和38-42年と昭和56-60年入院例の比較. 精神医学 30: 865-875, 1988.

3.Katsuragi S, Shimoji A, Watanabe K, Miyakawa T. Pathological findings of the sural nerve in mitochondrial encephalomyopathy. Jpn J Psychiatry Neurol 42: 307-313, 1988.

4.Katsuragi S, Sakai T, Watanabe K, Shimoji A, Deshimaru M, Kuramoto R, Miyamoto K, Yamashita K, Miyakawa T. An autopsy case of idiopathic superficial hemosiderosis of the central nervous system: a microscopic and immunohistochemical study. Clin Neuropathol 7: 87-92, 1988.

5.Watanabe K, Miyakawa T, Katsuragi S, Shimoji A, Kuramoto R. Histopathological changes induced by disturbance of microcirculation in the rat brain. Jpn J Psychiatry Neurol 42: 845-851, 1988.

6.木村武実, 友成久雄, 早稲田芳男. Bromocriptineが有効であった非定型精神病の1例:性周期に一致して躁うつ状態を反復した青年女子. 臨床精神医学17: 249-256, 1988.


1989年(平成元年)
1.Miyakawa T, Katsuragi S, Araki K, Hashimura T, Kimura T, Kuramoto R. Ultrastructure of neurofibrillary tangles in Alzheimer's disease. Virchows Archiv B Cell Pathol 57: 267-273, 1989.

2.弟子丸元紀, 比良亮一, 木村武実, 中村能文, 蒔田多津子, 高木克公, 山鹿眞紀夫. 精神症状を伴う胸郭出口症候群. 臨床精神医学18: 1139-1148, 1989.

3.山本和儀, 下地明友, 真喜屋浩, 佐久川廣, 高江洲均. 宮古島におけるアルコール関連問題. 沖縄県医師会医学会雑誌26: 222-224, 1989.

4.譜久島恵津子, 池原和子, 仲田八重子, 池村嘉則, 平山 栄, 玉元正助, 嘉納 章, 上原京子, 真喜屋浩, 下地明友, 仲俣明夫, 中村能文, 山本和儀. 伊良部町デイケア(サシバの会)から地域精神保健活動について考える. 沖縄県公衆衛生学会誌20: 163-166, 1989.


1990年(平成2年)
1.弟子丸元紀, 赤城藤孝, 宮本憲司朗, 山下建昭, 上妻明彦, 荒木邦生, 橋村哲男, 木村武実, 中村能文, 宮川太平. 精神分裂病者の学校適応状況(第1報):状態像との関係について. 精神医学32: 1301-1310, 1990.

2.下地明友, 仲俣明夫, 村上良慈, 池村嘉則. 南島のシャマニズムと精神医学との間に立ち表れてくるもの:風土的治療文化論への一試み. 精神科治療学5: 1295-1301, 1990.

3.木村武実, 弟子丸元紀, 比良亮一, 宮川太平. 潰瘍性大腸炎を併発したrapid cycling affective disorderの1例. 精神科治療学 5: 657-663, 1990. 1.宮川太平, 弟子丸元紀, 服部英世, 鹿井 功, 下地明友, 藤本敏雄, 永利憲一. ステロイド剤投与による中枢神経系の微細構造変化. 精神薬療基金研究年報 8: 1-5, 1976.

« 1991〜1995 | 研究業績トップページへ | 1981〜1985 »

熊本大学医学部附属病院 神経精神科 医局 〒860-8556熊本市中央区本荘1-1-1診療のご予約・お問い合わせは、熊本大学医学部附属病院 外来予約センターTEL.096-373-5973(受付時間:午前9時〜午後5時)

私たち熊本大学神経精神科は、社会問題にもなっている認知症、最近の自殺の増加で注目をされているうつ病、自閉症を中心とする発達障害、新しい薬物療法と生活支援により社会復帰が主要な治療目標となった統合失調症、などを取り扱う精神科医療専門の診療科です。当科では、バランス感覚のとれた優秀な若手精神科医の育成を目指しています。県内外の関連病院の全面的な協力のもと、様々な精神科医療の現場を経験できる研修システムを構築しています。研究に関しては、様々な場所で臨床ならびに研究のキャリアを積んだ教官のもと、若い先生方の研究意欲にも幅広く対応できます。