研究業績|熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学講座ページ
研究業績|熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学講座ページ
ログイン中

研究業績

2022年の研究業績

1.原著英文

2022年(令和4年)

  1. Imai T, Ochiai S, Ishimaru T, Daitoku H, Miyagawa Y, Fukuhara R, Boku S, Takebayashi M.
    A case report: Clozapine-induced leukopenia and neutropenia after mRNA COVID-19 vaccination.
    Neuropsychopharmacol Rep. 2022 Jun;42(2):238-240. doi: 10.1002/npr2.12238.

  2. Kim S, Okazaki S, Otsuka I, Shinko Y, Horai T, Shimmyo N, Hirata T, Yamaki N, Tanifuji T, Boku S, Sora I, Hishimoto A.
    Searching for biomarkers in schizophrenia and psychosis: Case-control study using capillary electrophoresis and liquid chromatography time-of flight mass spectrometry and systematic review of biofluid metabolites.
    Neuropsychopharmacol Rep. 2022; 42: 42-51

  3. Okazaki S, Boku S, Watanabe Y, Otsuka I, Horai T, Morikawa R, Kimura A, Shimmyo N, Tanifuji T, Someya T, Hishimoto A.
    Polymorphisms in the hypoxia inducible factor binding site of the macrophage migration inhibitory factor gene promoter in schizophrenia.
    PLoS One. 2022; e0265738

  4. Fukunaga H, Sugawara H, Koyama A, Okamoto K, Fukui T, Ishikawa T, Takebayashi M, Sekiyama K, Hashimoto M.
    Relationship between preoperative anxiety and onset of delirium after cardiovascular surgery in elderly patients: focus on personality and coping process.
    Psychogeriatrics. 2022 Jul;22(4):453-459. doi: 10.1111/psyg.12840. 

  5. Yoshiura K, Fukuhara R, Ishikawa T, Tsunoda N, Koyama A, Miyagawa Y, Hidaka Y, Hashimoto M, Ikeda M, Takebayashi M, Shimodozono M.
    Brain structural alterations and clinical features of cognitive frailty in Japanese community-dwelling older adults: the Arao study (JPSC-AD).
    Sci Rep. 2022 May 17;12(1):8202. doi: 10.1038/s41598-022-12195-4.

  6. Sasaki H, Jono T, Fukuhara R, Honda K, Ishikawa T, Boku S, Takebayashi M.
    Late-manifestation of attention-deficit/hyperactivity disorder in older adults: an observational study.
    BMC Psychiatry. 2022 May 24;22(1):354. doi: 10.1186/s12888-022-03978-0.


  7. Thyreau B, Tatewaki Y, Chen L, Takano Y, Hirabayashi N, Furuta Y, Hata J, Nakaji S, Maeda T, Noguchi-Shinohara M, Mimura M, Nakashima K, Mori T, Takebayashi M, Ninomiya T, Taki Y; Japan Prospective Studies Collaboration for Aging and Dementia (JPSC-AD) Study Group. 
    Higher-resolution quantification of white matter hypointensities by large-scale transfer learning from 2D images on the JPSC-AD cohort.
    Hum Brain Mapp. 2022 May 7. doi: 10.1002/hbm.25899.

  8. Sugawara H, Koyama A, Maruyama T, Koda Y, Fukunaga H, Ishikawa T, Takebayashi M, Okamoto K, Fukui T, Hashimoto M.
    Prospective clinical intervention study of aripiprazole and risperidone in the management of postoperative delirium in elderly patients after cardiovascular surgery.

    Psychiatry Clin Neurosci. 2022 Jul 6. doi: 10.1111/pcn.13446.

  9. Hirata R, Kawashima H, Tsuboi T, Wada K, Takebayashi M, Suwa T.
    An Online Survey About Electroconvulsive Therapy in Japan During the COVID-19 Pandemic: Comparison of Early and Recent Stages.

    Neuropsychiatr Dis Treat. 2022 Jun 28;18:1277-1285. doi: 10.2147/NDT.S365417.

  10. Okada-Tsuchioka M, Kajitani N, Omori W, Kurashige T, Boku S, Takebayashi M.
    Tetraspanin heterogeneity of small extracellular vesicles in human biofluids and brain tissue.
    Biochem Biophys Res Commun. 2022 Oct 30;627:146-151. doi:10.1016.

  11. Hidaka Y, Hashimoto M, Suehiro T, Fukuhara R, Ishikawa T, Tsunoda N, Koyama A, Honda K, Miyagawa Y, Yoshiura K, Boku S, Ishii K, Ikeda M, Takebayashi M.
    Impact of age on the cerebrospinal fluid spaces: high-convexity and medial subarachnoid spaces decrease with age.
    Fluids Barriers CNS. 2022 Oct 28;19(1):82. doi:10.1186/s12987-022-00381-5.


2.原著和文

2022年(令和4年)

  1. 和田浩稔,佐藤桜,佐々木博之,宮川雄介,福原竜治,朴秀賢,竹林実.
    深部静脈血栓症および肺塞栓症を併発したうつ病性亜昏迷に修正型電気けいれん療法を施行し寛解が得られた1例.
    九州神経精神医学,67(3-4);99-102,2022

3.著書

2022年(令和4年)

  1. 竹林 実.うつ病に対するneuromodulation(mECT).日本医師会雑誌 第151巻・特別号(2)精神疾患診療(三村將監修 尾崎紀夫、中込和幸、村井俊哉編著).日本医師会,東京,p3,2022

4.雑誌総説

2022年(令和4年)

  1. 竹林 実.ミラーニューロン.臨床精神薬理,25(1);89-90,2022

  2. 竹林 実.熊本大学病院における気分障害・認知症・発達障害などの臨床・研究活動の紹介.熊精協会誌,190;12-30,2022

  3. 朴 秀賢.反復経頭蓋直流電気刺激療法(rTMS)~うつ病の新たな治療法のご紹介.熊精協会誌,190;54-57,2022

  4. 竹林 実.電気けいれん療法と反復経気刺激療法の相互補完的ストテラジーに向けた治療選択.精神科,40(3):340-343,2022

  5. 朴 秀賢.金沢徹文. 臨床に役立つ基礎薬理学の用語解説第29回 Kalirin(KALRN):シナプス機能の重要な調節因子. 臨床精神薬理. 2022; 25: 101-103.

  6. 竹林 実.うつ病診断と治療の基本的スキルとこつ~熊大病院の新しい磁気刺激療法の紹介も含めて~.熊精協会誌,193;7-25,2022

5.報告書など

2022年(令和4年)

  1. 本堀 伸.熊本県認知症疾患医療センターにおける自立支援医療(精神通院医療)に関する問題点について.日本精神保健福祉士協会誌,53(1);100,2022

  2. 竹林 実.サイコオンコロジー・緩和ケアフォーラム報告.熊本医学会ニューズレター第20号,28-29,2022

6.シンポジウム・特別講演

2022(令和4年)

  1. 竹林 実.健康長寿社会の実現を目指した大規模認知症・うつ病コホート研究(荒尾市研究)の現状報告.
    2021年度健康長寿代謝制御研究センターボーダレスカンファレンス,熊本,2022年1月17日

  2. 朴秀賢.電気けいれん療法の作用機序におけるアストロサイトの役割.
    第118回日本精神神経学会学術総会,福岡,2022年6月16-18日

  3. 竹林実.ECTの炎症・脂質変化からみたうつ病の病態.
    第118回日本精神神経学会学術総会,福岡,2022年6月16-18日

  4. 朴秀賢.経験知から双極性障害の薬物治療を再考する.
    第118回日本精神神経学会学術総会,福岡,2022年6月16-18日

  5. 竹林実.最近の気分障害の診たてと治療ー自殺予防を踏まえてー.
    第46回日本自殺予防学会総会,熊本,2022年9月9日‐11日

  6. 遊亀誠二.熊本大学病院での周産期メンタルヘルス外来.
    第46回日本自殺予防学会総会,熊本,2022年9月9日‐11日

  7. 日髙洋介,橋本衛,末廣聖,福原竜治,石川智久,津野田尚子,小山明日香,本田和揮,宮川雄介,吉浦和宏,朴秀賢,石井一成,池田学,竹林実.
    地域在住高齢者における脳室・くも膜下腔脳脊髄液体積の加齢性変化とその臨床的意義.
    第44回日本生物学的精神医学会・第32回日本臨床精神神経薬理学会・第52回日本神経精神薬理学会年会・第6回日本精神薬学会総会・学術集会 4学会合同年会(BPCNPPPP4学会合同年会),東京,令和4年11月4‐6日

  8. 竹林実.精神科領域におけるニューロモデュレーション治療について.
    第44回日本生物学的精神医学会・第32回日本臨床精神神経薬理学会・第52回日本神経精神薬理学会年会・第6回日本精神薬学会総会・学術集会 4学会合同年会(BPCNPPPP4学会合同年会),東京,令和4年11月4‐6日

  9. 梶谷直人,岡田麻美,朴秀賢,竹林実.
    うつ病の病態メカニズムにおけるリゾホスファチジン酸受容体の役割.
    第44回日本生物学的精神医学会・第32回日本臨床精神神経薬理学会・第52回日本神経精神薬理学会年会・第6回日本精神薬学会総会・学術集会 4学会合同年会(BPCNPPPP4学会合同年会),東京,令和4年11月4‐6日

  10. 朴秀賢.熊本大学病院におけるrTMSの立ち上げ経験から考えたこと.
    第44回日本生物学的精神医学会・第32回日本臨床精神神経薬理学会・第52回日本神経精神薬理学会年会・第6回日本精神薬学会総会・学術集会 4学会合同年会(BPCNPPPP4学会合同年会),東京,令和4年11月4‐6日

7.国際学会

2022年(令和4年)

  1. Yanagida Y, Nakachi Y, Kikkawa S, Kiyota E, Watanabe R, Murata Y, Sugawara H, Ishikawa T, Hashimoto M, Takano Y, Taki Y, Sakai N, Okamoto Y, Takebayashi M, Bundo M, Iwamoto K.
    Serotonin transporter promoter activity regulated by polymorphisms and DNA methylation affects depression and cognitive decline in old people: The Arao study.
    CINP 2022, Taipei, Taiwan, Jun 9-13, 2022

  2. Koga Y, Miyako K, Kajitani N, Boku S, Takebayashi M.
    Comprehensive analysis of gene expression hippocampal astrocytes in a model of depression.
    Neuroscience 2022, San Diego, USA, Nov 12-16, 2022

  3. Miyako K, Koga Y, Kajitani N, Boku S, Takebayashi M.
    Establishment of a clinical setting-associated behavioral model of ECT and investigation of the mechanism of action of ECT with focus on astrocytes.
    Neuroscience 2022, San Diego, USA, Nov 12-16, 2022

  4. Boku S, Toda H, Koga M. Kajitani N, Takebayashi M.
    Neonatal maternal separation-induced alternation of miRNAs andtheir possibility as biomarkers of major depressive disorder.
    Neuroscience 2022, San Diego, USA, Nov 12-16, 2022


8.国内学会

2022年(令和4年)

  1. 今井智之,落合翔,石丸雄大,大德勇人,宮川雄介,福原竜二,朴秀賢,竹林実.
    新型コロナワクチン投与後に顆粒球減少症を呈したクロザピン投与患者の一例.
    第118回日本精神神経学会学術総会,福岡,令和4年6月16-18日

  2. 本田和揮,吉富碧,落合翔,濱田直優美,宮川雄介,今井智之,福原竜二,朴秀賢,竹林実.
    うつ病の入院治療中にレビー小体型認知症が疑われた症例の臨床的検討.
    第118回日本精神神経学会学術総会,福岡,令和4年6月16-18日

  3. 大盛航,可野邦行,服部功太郎,梶谷直人,岡田麻美,朴秀賢,功刀浩,青木淳賢,竹林実.
    大うつ病性障害および統合失調症における脳脊髄液リゾホスファチジン酸ドコサヘキサエン酸(LPA-DHA)の減少.
    第118回日本精神神経学会学術総会,福岡,令和4年6月16-18日

  4. 柳田 悠太朗,仲地 ゆたか,吉川 慧,清田 恵美,渡邊 理紗,村田 唯,菅原 裕子,石川 智久,橋本 衛,高野 裕治,瀧 靖之,酒井 規雄,岡本 泰晶,竹林 実,文東 美紀,岩本 和也.
    セロトニントランスポーター遺伝子活性と高齢者における認知機能・うつ傾向の関連.
    NEURO 2022,沖縄,令和4年6月30日-7月3日


  5. 一木崇弘,小山明日香,今井正城,長岡舞子,堅野洋子,西良知,藤瀬昇,竹林実.
    自殺好発農村地域における高齢住民の抑うつ出現に関する縦断的検討.
    第19回日本うつ病学会総会・第5回日本うつ病リワーク協会年次大会,大分,令和4年7月14-17日

  6. 和田浩稔,落合桜,佐藤英明,宮川雄介,今井智之,福原竜治,朴秀賢,竹林実.
    右片側刺激の切り替えにより修正型電気けいれん療法の継続が可能となったうつ病性亜昏迷の一例.
    第103回熊本精神神経学会,熊本,令和4年7月16日

  7. 藤瀬昇,長岡舞子,一木崇弘,西良知,今井正城,小山明日香.
    熊本県あさぎり町におけるうつ病予防の取組みー平成20年からの活動を振り返ってー.
    第103回熊本精神神経学会,熊本,令和4年7月16日

  8. 宮谷龍之介,落合翔,泉雄気,藤山寛之,眞名子瞳,両角香奈,宮川雄介,今井智之,朴秀賢,竹林実.
    電気けいれん療法が困難な双極性うつ病に対して、高用量の抗うつ薬で改善がえられた一例.
    第103回熊本精神神経学会,熊本,令和4年7月16日

  9. 眞名子瞳,落合翔,泉雄気,藤山寛之,宮谷龍之介,両角香奈,宮川雄介,今井智之,朴秀賢,竹林実.
    反復経頭蓋磁気刺激法(rTMS)導入により症状改善が得られた治療抵抗性うつ病の一例.
    第103回熊本精神神経学会,熊本,令和4年7月16日

  10. 福永寛恵,菅原裕子,小山明日香,岡本健,福井寿啓,石川智久,竹林実,積山薫,橋本衛.
    高齢者の心臓血管手術の術前不安と術後せん妄の関連―パーソナリティ特性とコーピングパターンに焦点をあてて―.
    第86回日本心理学会,東京+WEB,令和4年9月8-11日

  11. 一美奈緒子,福田瑛,橋本衛,藤瀬昇,近本亮,朴秀賢,竹林実.
    軽度認知症者の希死念慮について-本人の語りを通して見えたこと-.
    第46回日本自殺予防学会総会,熊本,令和4年9月9-11日

  12. 一木崇弘,小山明日香,今井正城,長岡舞子,堅野洋子,西良知,竹林実,藤瀬昇.
    非都市部の自殺好発地域における壮年者の抑うつ出現に関する縦断的検討.
    第46回日本自殺予防学会総会,熊本,令和4年9月9-11日

  13. 渡邉優那,波光涼風,田辺紗矢佳,豊國千穂,重松潤,神田弘子,町野彰彦,竹林実,尾形明子.
    看護学生のセルフ・コンパッションが感情的共感を媒介してアンヘドニアに与える影響.
    日本認知・行動療法学会第48回大会,宮崎,令和4年9月30日-10月2日

  14. 古賀裕作,都剛太朗,梶谷直人,松浦公美,朴秀賢,竹林実.
    抗うつ薬の治療効果に関与するアストロサイト関連遺伝子の同定.
    第41回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会,兵庫,令和4年10月22-23日

  15. 都剛太朗,古賀裕作,梶谷直人,松浦公美,朴秀賢,竹林実.
    電気けいれん療法の治療効果に関与するアストロサイト関連遺伝子の同定
    第41回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会,兵庫,令和4年10月22-23日

  16. 朴秀賢,戸田裕之,古賀農人,梶谷直人,竹林実.
    幼少期ストレスにより発現が変化するmiRNAのうつ病バイオマーカーとしての可能性の検討
    第41回躁うつ病の薬理・生化学的研究懇話会,兵庫,令和4年10月22-23日

  17. 菅原裕子,小山明日香,丸山貴司,江田由美子,福永寛恵,石川智久,竹林実,岡本健,福井寿啓,橋本衛.
    心臓血管手術後高齢者の術後せん妄管理におけるaripiprazolerisperidoneの前向き介入研究.
    第44回日本生物学的精神医学会・第32回日本臨床精神神経薬理学会・第52回日本神経精神薬理学会年会・第6回日本精神薬学会総会・学術集会 4学会合同年会(BPCNPPPP4学会合同年会),東京,令和4年11月4‐6日

9.メディア

2022年(令和4年)


  1. 竹林 実.Owned株式会社「健達ねっと」(令和4年2月21日).「認知症疾患医療センターとは」

  2. 竹林 実.読売新聞(令和4年2月24日).「脳機能の低下がもたらす「うつ病」と「認知症」」

  3. 竹林 実.KKT制作番組「Dr.テレビたん」(令和4年2月26日).「子どもの発達障害ADHDについて」

  4. 竹林 実.KKT制作番組「Dr.テレビたん」(令和4年3月26日).「パパママが知りたい子どもの健康:学習障害について」

  5. 竹林 実.くまにち あれんじ(令和4年5月14日).「元気の処方箋:早めに医療機関に相談を 回復可能な気分障害」

  6. 竹林 実.毎日新聞(令和4年7月27日).「うつ病について」

  7. 竹林 実.KKT制作番組「Dr.テレビたん」(令和4年8月20日).「メディカルリポート:認知症って何?」

  8. 竹林 実.讀賣新聞(令和4年9月10日).「温かい気遣いと声かけで孤立を防ぐ」

  9. 熊本大学プレスリリース 熊本大学・荒尾市(令和4年9月26日).荒尾市における「健康長寿社会の実現を目指した大規模認知症・ うつ病コホート研究」第2回大規模調査について

  10. 熊本大学プレスリリース 熊本大学(令和4年9月27日).高齢者において、認知症に誤診されうる発達障害 が存在することを世界に先駆けて報告


10.講演

2022年(令和4年)

  1. 竹林 実.「うつ病診断と治療の基本的スキルとこつ~熊大病院の新しい磁気刺激療法の紹介も含めて~」.
    熊本県精神科協会学術講演会,令和4年1月20日,熊本

  2. 今井 智之.「医用工学から神経調節へ、そして地域のみなさまとともにー私たち熊本大学神経精神医学講座のチャレンジー」.
    第1回熊本県CNSメドレーWEBセミナー,令和4年4月21日,熊本

  3. 朴 秀賢.「肝がんゼロを目指して」.肝がん撲滅運動市民公開講座,令和4年7月31日,熊本

  4. 宮川 雄介.「認知症の病態・基本的知識」.薬剤師向け認知症対応力向上研修,令和4年8月7日,熊本

  5. 竹林 実.「気分障害の総合的理解と治療について」.講演会 in HIROSHIMA.令和4年9月16日,広島

  6. 竹林 実.「気分障害の診断と治療について」.令和4年9月21日,熊本(WEB)

  7. 竹林 実.「気分障害の診断と治療について」.岩国うつ病講演会,令和4年9月30日,山口

  8. 朴 秀賢.「rTMS施設報告」.rTMS療法セミナー in 南九州.令和4年10月6日,WEB

  9. 竹林 実.「ストレス社会におけるうつ病の診断・治療・予防について」.早稲田大学院商学研究科 経営と脳科学の研究部会,令和4年10月14日,熊本

  10. 竹林 実.「うつ病の診断・治療・予防について」.WEB社内研修会,令和4年10月19日,WEB

  11. 竹林 実.「ニューロモデュレーション治療について-うつ病、双極性障害、統合失調症を中心に-」.Expert Psychiatrist FORUM 2022,令和4年11月28日,東京+WEB

ページトップへ