研究業績|熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学講座ページ
研究業績|熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学講座ページ
ログイン中

研究業績

2022年の研究業績

1.原著英文

2022年(令和4年)

  1. Imai T, Ochiai S, Ishimaru T, Daitoku H, Miyagawa Y, Fukuhara R, Boku S, Takebayashi M.
    A case report: Clozapine-induced leukopenia and neutropenia after mRNA COVID-19 vaccination.
    Neuropsychopharmacol Rep. 2022 Feb 15. doi: 10.1002/npr2.12238.

  2. Kim S, Okazaki S, Otsuka I, Shinko Y, Horai T, Shimmyo N, Hirata T, Yamaki N, Tanifuji T, Boku S, Sora I, Hishimoto A.
    Searching for biomarkers in schizophrenia and psychosis: Case-control study using capillary electrophoresis and liquid chromatography time-of flight mass spectrometry and systematic review of biofluid metabolites.
    Neuropsychopharmacol Rep. 2022; 42: 42-51

  3. Okazaki S, Boku S, Watanabe Y, Otsuka I, Horai T, Morikawa R, Kimura A, Shimmyo N, Tanifuji T, Someya T, Hishimoto A.
    Pplymorphisms in the hypoxia inducible factor binding site of the macrophage migration inhibitory factor gene promoter in schizophrenia.
    PLoS One. 2022; e0265738

  4. Fukunaga HSugawara HKoyama AOkamoto KFukui TIshikawa TTakebayashi MSekiyama KHashimoto M. 
    Relationship between preoperative anxiety and onset of delirium after cardiovascular surgery in elderly patients: focus on personality and coping process.
    Psychogeriatrics. 2022 May 3. doi: 10.1111/psyg.12840.

  5. Yoshiura K, Fukuhara R, Ishikawa T, Tsunoda N, Koyama A, Miyagawa Y, Hidaka Y, Hashimoto M, Ikeda M, Takebayashi M, Shimodozono M.
    Brain structural alterations and clinical features of cognitive frailty in Japanese community-dwelling older adults: the Arao study (JPSC-AD).
    Sci Rep. 2022 May 17;12(1):8202. doi: 10.1038/s41598-022-12195-4.

  6. Sasaki H, Jono T, Fukuhara R, Honda K, Ishikawa T, Boku S, Takebayashi M.
    Late-manifestation of attention-deficit/hyperactivity disorder in older adults: an observational study.
    BMC Psychiatry. 2022; 22:354 https://doi.org/10.1186/s12888-022-03978-0

  7. Thyreau B, Tatewaki Y, Chen L, Takano Y, Hirabayashi N, Furuta Y, Hata J, Nakaji S, Maeda T, Noguchi-Shinohara M, Mimura M, Nakashima K, Mori T, Takebayashi M, Ninomiya T, Taki Y; Japan Prospective Studies 
    Higher-resolution quantification of white matter hypointensities by large-scale transfer learning from 2D images on the JPSC-AD cohort.
    Collaboration for Aging and Dementia (JPSC-AD) Study Group.
    Hum Brain Mapp. 2022 May 7. doi: 10.1002/hbm.25899.

2.原著和文

3.著書

4.雑誌総説

2022年(令和4年)

  1. 竹林 実.ミラーニューロン.臨床精神薬理,25(1);89-90,2022

  2. 竹林 実.熊本大学病院における気分障害・認知症・発達障害などの臨床・研究活動の紹介.熊精協会誌,190;12-30,2022

  3. 朴 秀賢.反復経頭蓋直流電気刺激療法(rTMS)~うつ病の新たな治療法のご紹介.熊精協会誌,190;54-57,2022

  4. 竹林 実.電気けいれん療法と反復経気刺激療法の相互補完的ストテラジーに向けた治療選択.精神科,40(3):340-343,2022

  5. 朴秀賢, 金沢徹文. 臨床に役立つ基礎薬理学の用語解説第29回 Kalirin(KALRN):シナプス機能の重要な調節因子. 臨床精神薬理. 2022; 25: 101-103.

5.報告書など

2022年(令和4年)

  1. 本堀 伸.熊本県認知症疾患医療センターにおける自立支援医療(精神通院医療)に関する問題点について.日本精神保健福祉士協会誌,53(1);100,2022

6.シンポジウム・特別講演

2022(令和4年)

  1. 竹林 実.健康長寿社会の実現を目指した大規模認知症・うつ病コホート研究(荒尾市研究)の現状報告.2021年度健康長寿代謝制御研究センターボーダレスカンファレンス,熊本,2022年1月17日

  2. 朴秀賢.電気けいれん療法の作用機序におけるアストロサイトの役割.第118回日本精神神経学会学術総会,福岡,2022年6月16-18日

  3. 竹林実.ECTの炎症・脂質変化からみたうつ病の病態.第118回日本精神神経学会学術総会,福岡,2022年6月16-18日

  4. 朴秀賢.経験知から双極性障害の薬物治療を再考する.第118回日本精神神経学会学術総会,福岡,2022年6月16-18日

7.国際学会

2022年(令和4年)

  1. Koga Y, Miyako K, Kajitani N, Boku S, Takebayashi M.
    Comprehensive analysis of gene expression hippocampal astrocytes in a model of depression.
    Neuroscience 2022, San Diego, USA, Nov 12-16, 2022

  2. Miyako K, Koga Y, Kajitani N, Boku S, Takebayashi M.
    Establishment of a clinical setting-associated behavioral model of ECT and investigation of the mechanism of action of ECT with focus on astrocytes.
    Neuroscience 2022, San Diego, USA, Nov 12-16, 2022

  3. Yanagida Y, Nakachi Y, Kikkawa S, Kiyota E, Watanabe R, Murata Y, Sugawara H, Ishikawa T, Hashimoto M, Takano Y, Taki Y, Sakai N, Okamoto Y, Takebayashi M, Bundo M, Iwamoto K.
    Serotonin transporter promoter activity regulated by polymorphisms and DNA methylation affects depression and cognitive decline in old people: The Arao study.
    CINP 2022, Taipei, Taiwan, Jun 9-13, 2022

8.国内学会

2022年(令和4年)

  1. 福永寛恵,菅原裕子,小山明日香,岡本健,福井寿啓,石川智久,竹林実,積山薫,橋本衛.高齢者の心臓血管手術の術前不安と術後せん妄の関連―パーソナリティ特性とコーピングパターンに焦点をあてて―.第86回日本心理学会,東京+WEB,令和4年9月8-11日

  2. 渡邉優那,波光涼風,田辺紗矢佳,豊國千穂,重松潤,神田弘子,町野彰彦,竹林実,尾形明子.看護学生のセルフ・コンパッションが感情的共感を媒介してアンヘドニアに与える影響.日本認知・行動療法学会第48回大会,宮崎,令和4年9月30日-10月2日

  3. 菅原裕子,小山明日香,丸山貴司,江田由美子,福永寛恵,石川智久,竹林実,岡本健,福井寿啓,橋本衛.心臓血管手術後高齢者の術後せん妄管理におけるaripiprazolerisperidoneの前向き介入研究.第44回日本生物学的精神医学会・第32回日本臨床精神神経薬理学会・第52回日本神経精神薬理学会年会・第6回日本精神薬学会総会・学術集会 4学会合同年会(BPCNPPPP4学会合同年会),東京,令和4年11月4‐6日

  4. 今井智之,落合翔,石丸雄大,大德勇人,宮川雄介,福原竜二,朴秀賢,竹林実.新型コロナワクチン投与後に顆粒球減少症を呈したクロザピン投与患者の一例.第118回日本精神神経学会学術総会,福岡,令和4年6月16-18日

  5. 本田和揮,吉富碧,落合翔,濱田直優美,宮川雄介,今井智之,福原竜二,朴秀賢,竹林実.うつ病の入院治療中にレビー小体型認知症が疑われた症例の臨床的検討.第118回日本精神神経学会学術総会,福岡,令和4年6月16-18日

  6. 大盛航,可野邦行,服部功太郎,梶谷直人,岡田麻美,朴秀賢,功刀浩,青木淳賢,竹林実.大うつ病性障害および統合失調症における脳脊髄液リゾホスファチジン酸ドコサヘキサエン酸(LPA-DHA)の減少.第118回日本精神神経学会学術総会,福岡,令和4年6月16-18日

  7. 柳田 悠太朗,仲地 ゆたか,吉川 慧,清田 恵美,渡邊 理紗,村田 唯,菅原 裕子,石川 智久,橋本 衛,高野 裕治,瀧 靖之,酒井 規雄,岡本 泰晶,竹林 実,文東 美紀,岩本 和也.セロトニントランスポーター遺伝子活性と高齢者における認知機能・うつ傾向の関連.NEURO 2022,沖縄,令和4年6月30日-7月3日


9.メディア

2022年(令和4年)


  1. 竹林 実.Owned株式会社「健達ねっと」(令和4年2月21日).「認知症疾患医療センターとは」

  2. 竹林 実.読売新聞(令和4年2月24日).「脳機能の低下がもたらす「うつ病」と「認知症」」

  3. 竹林 実.KKT制作番組「Dr.テレビたん」(令和4年2月26日).「子どもの発達障害ADHDについて」

  4. 竹林 実.KKT制作番組「Dr.テレビたん」(令和4年3月26日).「パパママが知りたい子どもの健康:学習障害について」

  5. 竹林 実.くまにち あれんじ(令和4年5月14日).「元気の処方箋:早めに医療機関に相談を 回復可能な気分障害」


10.講演

2022年(令和4年)

  1. 竹林 実.令和4年1月20日 熊本(ホテル日航熊本).熊本県精神科協会学術講演会「うつ病診断と治療の基本的スキルとこつ~熊大病院の新しい磁気刺激療法の紹介も含めて~」

  2. 遊亀誠二.令和4年1月20日 熊本(EAファーマ株式会社).MR研修会

  3. 朴 秀賢.令和4年3月23日 熊本(ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ)第54回熊本県外来精神科カンファレンス

  4. 朴 秀賢.令和4年4月28日 熊本(ホテル日航熊本).Kumamoto Symposium for the Management of Liver Disease

  5. 今井智之.令和4年4月21日 熊本.第1回熊本県CNSメドレーWEBセミナー「医用工学から神経調節へ、そして地域のみなさまとともに ー私たち熊本大学神経精神医学講座のチャレンジー 」

ページトップへ