研究業績|熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学講座ページ
研究業績|熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学講座ページ
ログイン中

研究業績

2021年の研究業績

1.原著英文

2021年(令和3年)

1.Sasaki H, Jono T,Fukuhara R, Ishikawa T, Yuuki S, Boku S, Takebayashi M.
Late-onset attention-deficit/hyperactivity disorder as a differential diagnosis of dementia:a case report.
BMC Psychiatry (in press).

2.Ikegame T, Hidaka Y, Nakachi Y, Murata Y, Watanabe R, Sugawara H, Asai T, Kiyota E, Saito T, Ikeda M, Sasaki T, Hashimoto M, Ishikawa T, Takebayashi M, Iwata N, Kakiuchi C, Kato T, Kasai K, Bundo M, Iwamoto K.
Identification and functional characterization of the extremely long allele of the serotonin transporter-linked polymorphic region".
Translational Psychiatry (in press).

3.Itoh N,Takebayashi M,Ohta K et al.
Dysfunction of the proteoglycan Tsukushi causes hydrocephalus through altered neurogenesis in the subventricular zone.
Science (translational medicine) (in press) 

2.原著和文

2021年(令和3年)

1.宗 久美,石川智久,井上靖子,藤瀬隆司,中村光成,丸山貴志,橋本 衛,池田 学,竹林 実,王丸道夫.
「複合慢性疾患連携パスの開発を目指した熊本県荒尾市における医療介護連携の促進(実践・事例報告)」.
日本認知症ケア学会誌(印刷中)

2.森並次朗,本田和揮,朴 秀賢,竹林 実.
身体合併症を有する治療抵抗性統合失調症に対して電気けいれん療法の併用によりClozapine導入に至った一例.
精神医学(印刷中)

3.木下 聡,神野哲平,川原一洋,田中 響,朴 秀賢,竹林 実.
小脳腫瘍摘出術後の小脳性認知・情動症候群を背景に生じた精神運動興奮に対して多角的アプローチが有効であった一例
九州神経精神医学(印刷中)

3.著書

2021年(令和3年)

  1. 竹林 実.修正型電気けいれん療法.今日の治療指針(福井次矢 高木誠 小室一成編著).医学書院,東京,p1058-1059,2021

4.雑誌総説

5. 報告書など

6.シンポジウム・特別講演

7.国際学会

8.国内学会

9.メディア

10.講演

ページトップへ