熊本大学大学院生命科学研究部 神経精神医学分野:神経精神科

研究業績

2013年の研究業績

1. 原著論文

2013年(平成25年)

-1Adachi H, Ikeda M, Komori K, Shinagawa S, Toyota Y, Kashibayashi T, Ishikawa T, Tachibana N. Comparison of the utility of the everyday memory test and Alzheimer's Disease Assessment Scale-Cognition part (ADAS-Cog) for evaluation of mild cognitive impairment (MCI) and very mild Alzheimer's disease. Psychiatry and Clinical Neurosciences 67 : 148-153, 2013

-2Honda K, Hashimoto M, Yatabe Y, Kaneda K, Yuuki S, Ogawa Y, Matsuzaki S, Tsuyuguchi A, Tanaka H, Kashiwagi H, Hasegawa N, Ishikawa T, Ikeda M. The usefulmess of monitoring sleep talking for the diagnosis of dementia with Lewy bodies. Int Psychogeriatr 25: 851-8, 2013.

-3Hasegawa N, Hashimoto M, Yuuki S, Honda K, Yatabe Y, Araki K, Ikeda M. Prevalence of delirium among outpatients with dementia. International Psychogeriatrics 25 : 1877-1883, 2013

-4Mori T, Shimada H, Shinotoh H, Hirano S, Eguchi Y, Yamada M, Fukuhara R, Tanimukai S, Zhang MR, Kuwabara S, Ueno SI, Suhara T. Apathy correlates with prefrontal amyloid β deposition in Alzheimer's disease. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2013 Oct 16. doi: 10.1136/jnnp-2013-306110.

-5Yatabe Y, Hashimoto M, Kaneda K, Honda K, Ogawa Y, Yuuki S, Ikeda M. Efficacy of increasing donepezil in mild to moderate Alzheimer's disease patients who show a diminished response to 5 mg donepezil: a preliminary study. Psychogeriatrics 13: 88-93, 2013.

-6Ichimi N, Hashimoto M, Matsushita M, Yano H, Yatabe Y, Ikeda M. The relationship between primary progressive aphasia and neurodegenerative dementia. East Asian Arch Psychiatry 23: 120-5, 2013.

-7Mikami A, Matsushita M, Adachi H, Suganuma N, Koyama A, Ichimi N, Ushijima H, Ikeda M, Takeda M, Moriyama T, Sugita Y. Sense of coherence, health problems, and presenteeism in Japanese university students. Asian Journal of Psychiatry 6 : 369-372, 2013

-8)石丸喬士,越智紳一郎,松本光央,吉田 卓,安部賢郎,豊田泰孝,福原竜治,谷向 知,上野修一.多彩な精神症状を呈し,遺伝子診断によりAPP遺伝子変異を認めた若年性Alzheimer病の1. 精神神経学雑誌 第115巻第10:1042-1050, 2013

-9Ikeda M, Mori E, Kosaka K, Iseki E, Hashimoto M, Matsukawa N, Matsuo K, Nakagawa M, on behalf of the Donepezil-DLB Study Investigators. Long-term safety and efficacy of Donepezil in patients with dementia with Lewy Bodies: Results from a 52-week, open-label, multicenter extension study. Dement Geriatr Cogn Disord 36 : 229-241, 2013

-10Kobayashi Z, Kawakami I, Arai T, Yokota O, Tsuchiya K, Kondo H, Shimomura Y, Haga C, Aoki N, Hasegawa M, Hosokawa M, Oshima K, Niizato K, Ishizu H, Terada S, Onaya M, Ikeda M, Oyanagi K, Nakano I, Murayama S, Akiyama H, Mizusawa H. Pathological features of FTLD-FUS in a Japanese population: Analyses of nine cases . Journal of the Neurological Sciences 335 : 89-95, 2013

-11Matsushita M, Ishikawa T, Koyama A, Hasegawa N, Ichimi N, Yano H, Hashimoto M, Fujii N, Ikeda M. Is sense of coherence helpful in coping with caregiver burden for dementia?. Psychogeriatrics (in press)

-12Zhao Y, Kishi T, Iwata N, Ikeda M. Combination treatment with risperidone longacting injection and psychoeducational approaches for preventing relapse in schizophrenia. Neuropsychiatric Disease and Treatment 9 :1-5, 2013 (Epub ahead of print)

2. 著書

2013年(平成25年)

-1池田 .脳の理解.認知症予防専門士テキストブック(浦上克哉,川瀬康裕,児玉直樹編)pp12-16.徳間書店,東京,2013

-2池田 .前頭側頭型認知症.神経・精神疾患診療マニュアル(北川泰久,寺本 明,三村 將編)pp199-200.日本医師会,東京,2013

-3池田 .認知症.脳血管障害と神経心理学 第2版(平山恵造,田川皓一編)pp77-82.医学書院,東京,2013

-4池田 小松優子.認知症とケア.脳とこころのプライマリケア2 知能の衰え(池田 学編集)pp51-56.シナジー,東京,2013

-5池田 .改訂阪 老年病・認知症 〜長寿の秘訣〜(荻原俊男監修).メディカルレビュー社,東京,2013

-6池田 橋本 . 認知症治療薬. 今日の神経疾患治療指針(水澤英洋,鈴木則宏,梶 龍兒,吉良潤一,神田 隆,齋藤延人編)pp151-154. 医学書院,東京,2013

-7池田 . アルツハイマー型認知症. 今日の治療指針2013年版私はこう治療している(山口 徹,北原光夫,福井次矢総編)pp862-864. 医学書院,東京,2013

-8橋本 .前頭側頭葉変性症.C臨床症状, D検査, E診断(鑑別診断).認知症ハンドブックpp625-648 医学書院、東京,2013

-9松崎志保橋本 池田 .梅毒.誤診症例から学ぶ 認知症とその他の疾患の鑑別 pp156−167.医学書院,東京,2013

3. 雑誌総説

2013年(平成25年)

-1 Ikeda M. Diagnosis of dementia. JMAJ 56235-2392013

-2 池田 一美奈緒子橋本 .進行性失語の概念と診断.高次脳機能研究.33, 304-309, 2013.

-3 上村直人,大石りさ,池田 . 運転免許証 高齢者における運転適正の判断. JIM 23849-8522013

-4 池田 . 認知症の熊本モデルによる人材育成--地域医療に果たす大学精神科の役割−. 日本社会精神医学会雑誌 22282-2862013

-5 池田 . 物忘れに先行するBPSD、その症状と診療のポイント. ASAHI Medical 42 : 26-28, 2013

-6 池田 . 認知症治療薬は使い分けるべきか -使い分ける前に−. 老年精神医学雑誌 24 増刊号-I93-972013

-7 藤瀬 小山明日香池田 .脳器質性疾患によるうつ状態の特徴と対応.臨床精神医学 428):945-950, 2013

-8 藤瀬 ,福永竜太,阿部恭久,小山明日香,中川洋一,池田 .熊本県における高齢者うつ状態の実態調査.日社精医誌 22:301-309, 2013

-9 福永竜太,藤瀬 池田 . アパシー. 日本臨床 711798-18032013

-10橋本 .意味性認知症.精神科 22(1): 97-102, 2013

-11橋本 .薬物療法の立場から:向精神薬特に抗精神病薬の使用をどう考えるか.認知症の最新医療 3(2): 79-84, 2013

-12橋本 .アルツハイマー型認知症に伴う脳血管障害.老年精神医学雑誌 24(4): 366-374, 2013

-13橋本 池田 .認知症ガイドライン 1.アルツハイマー病.画像診断 33(10): 1167-1181, 2013

-14津野田尚子,橋本 池田 . アルツハイマー病の周辺症状(BPSD)治療. Brain Medical 2523−282013

-15長谷川典子,石川 智久池田 . 認知症の周辺症状に着目した治療薬の使用方法と注意点(使用基準が緩和された抗精神病薬も含めて. Geriatric Medicine 5147−502013

-16石川智久池田 . 認知症に関わる医療連携. Progress in Medicine 322585−25902013

-17西 良知城野 藤瀬 .大うつ病を呈したがん患者2例の治療経過について.精神科,232):218-2222013. 

-18北村伊津美, 小森憲治郎, 池田 .語彙の意味処理. 神経内科 79(5), 2013.

-19田中優子小嶋誠志郎村田美希板橋 池田 . 地域からの発想 --熊本モデル−. 老年精神医学雑誌 24897-9042013

-20西川 隆,中川賀嗣,池田 . 日本の脳研究者達 51 田邉敬貴. Brain Medical 25(印刷中)

-21福原竜治.「前頭側頭型認知症の精神症状」精神科治療学2812号,聖和書店,東京,2013(印刷中)

-22福原竜治.「物盗られ妄想」神経心理学雑誌 294号,日本神経心理学会,東京,2013(印刷中)

-23矢田部裕介, 池田 . 前頭側頭型認知症 vs. 躁病. 精神科(印刷中).

4. 報告書など

2013年(平成25年)

-1池田 . 厚生労働科学研究費補助金 認知症対策総合研究事業.認知症のための縦断型連携パスを用いた医療と介護の連携に関する研究 総括報告書 平成24年度 総括・分担報告書(主任研究者 池田 学),1-382013

-2池田 . 都市部における認知症有病率と認知症の生活機能障害への対応 〜認知症高齢者有病率の推定に関する地域疫学調査〜 厚生労働科学研究費補助金 認知症対策総合研究事業.都市部における認知症有病率と認知症の生活機能障害への対応.平成24年度 総括・分担報告書(主任研究者 朝田 隆),87-952013

-3池田 . 保健師に望まれる「認知症の予防と介護」. 看護と保健 創刊準備号,2013

-4池田 . 32回日本社会精神医学会を主催して. 日本社会精神医学会雑誌 22255-2562013

-5池田 . IPA 2012 International Meeting in Cairns. Cognition and Dementia 1256-572013

-6西 良知石川智久池田 . BPSDの観点から. CLINICIAN 618 : 405-409, 2013

-7池田 . 若年性認知症. 3分間でわかる病期の知識 第8版,熊本県保険医協会,512013

-8平成24年度熊本県認知症疾患医療センター報告書,2013

5. 国際学会・シンポジウムなど

2013年(平成25年)

-1Ohci S, Abe M, Mori Y, Ishimaru T, Yoshino Y, Mori T, Fukuhara R, Tanimukai S, Yoshida K, Ueno S. Expression studies of nicotinic acetylcholine receptor genes in delayed carbon monoxide encephalopathy rat model. 11th World Congress of Biological Psychiatry, Kyoto, June 25, 2013 

-2(シンポジウム) Ikeda M. Symposium: Successful aging issues in Asia. Life factors and risk of depression in the old age. International Psychiatric Association 16th International Congress, Seoul, Korea, Octorber 1-4, 2013

-3(シンポジウム) Ikeda M. Symposium: Frontotemporal lobar degeneration in Asia. Life factors and risk of depression in the old age. International Psychiatric Association 16th International Congress, Seoul, Korea, Octorber 1-4, 2013

-4(シンポジウム) Ikeda M. A Novartis-sponsored Symposium: New therapeutic options for Alzheimer's disease: high dose [13.3mg/24h] rivastigmine patch. Alzheimer's disease and the impact of functional decline. International Psychiatric Association 16th International Congress, Seoul, Korea, Octorber 1-4, 2013

-5(シンポジウム) Fukuhara R, Ghosh A, Fuh JL, Dominguez J, Paulus A. Ong, Ikeda M. Family history of FTLD in ASIA-an international multi-center research. International Psychiatric Association 16th International Congress, Seoul, Korea, October 1-4, 2013

-6(ポスター発表) Hashimoto M, Ogawa Y, Yatabe Y, Yuki S, Imamura T, Kazui H, Fukuhara R, Kamimura N, Shinagawa S, Mizukami K, Mori E, Ikeda M. Relationship between dementia severity and behavioral and psychological symptoms of dementia in dementia with Lewy bodies and Alzheimer's disease patients. International Psychiatric Association 16th International Congress, Seoul, Korea, October 1-4, 2013

-7(ポスター発表) Tanaka H, Hashimoto M, Ikeda M. Relationship between dementia severity and neuropsychiatric symptoms in early-onset Alzheimer's disease. International Psychiatric Association 16th International Congress, Seoul, Korea, October 1-4, 2013

-8(ポスター発表) Matsuzaki S, Yuuki S, Hashimoto M, Ikeda M. Depression and Apathy after stroke and their influence on rehabilitation. International Psychiatric Association 16th International Congress, Seoul, Korea, October 1-4, 2013

-9(シンポジウム) Ikeda M. Symposium: Dementia care. Community outreach services for dementia: Basic requirements. 7th Congress of Asian Society Against Dementia, Cebu city, Philippines, October 9-12, 2013

-10(シンポジウム) Ikeda M. ASAD 2: Collaboration. FTD in Asia. 7th Congress of Asian Society Against Dementia, Cebu city, Philippines, October 9-12, 2013

-11(ポスター発表) [ポスター賞] Ichimi N, Hashimoto M, Matsushita M, Yano H, Kojima S, Ikeda M. The characteristics of digit span and repetition in semantic demenita.  7th Congress of Asian Society Against Dementia, Cebu city, Philippines, October 9-12, 2013

-12(ポスター発表) Matsushita M, Ishikawa T, Koyama A, Hasegawa N, Yano H, Kojima S, Ichimi N, Ikeda M. The relationship between sense of coherence and caregiver's burden of dementia care in community residents. 7th Congress of Asian Society Against Dementia, Cebu city, Philippines, October 9-12, 2013

-13Ikeda M. Session V: Worldwide fFTLD Cohorts. fFTLD in Asia. Therapeutic Efficacy in Familial Frontotemporal Degeneration conference, San Francisco, USA, November 15-16, 2013

Ⅴ-14)(シンポジウム) 藤瀬 昇.シンポジウムⅠうつと自殺の地域比較-東北と南九州との比較-「熊本県における高齢者うつ状態の実態調査」.第32回日本社会精神医学会, 熊本, 3月7-8日, 2013.

Ⅴ-15)<優秀発表賞> 矢田部裕介, 大塚直尚, 津野田尚子, 曽山直宏, 大森博之, 兼田桂一郎, 宮内大介, 池田 学. 背景基盤が異なる認知症専門医療の比較検討. 第32回日本社会精神医学会, 熊本, 3月7-8日, 2013.

Ⅴ-16)(シンポジウム) 小嶋誠志郎. シンポジウムⅥ 認知症を地域で支えるために「熊本県における認知症疾患医療センターを中心とした地域医療連携について」. 第32回日本社会精神医学会, 熊本, 3月7-8日, 2013.

Ⅴ-17)(シンポジウム) 池田 学. シンポジウム: 神経変性疾患におけるシャペロンタンパク質シグマ1受容体の新展開「前頭側頭型認知症の症候学と薬物療法」. 第86回 日本薬理学会年会,博多,3月21−23日,2013

Ⅴ-18)(シンポジウム) 池田 学. メインシンポジウム: 認知症診療システムの構築と精神医学の貢献「認知症患者を支える地域ネットワーク -熊本モデルにおける実践を通して−」. 第109回 日本精神神経学会学術総会,博多,5月23−25日,2013

Ⅴ-19)(ワークショップ) 橋本 衛.認知症の臨床-予防、診断、治療のコツ-.「認知症の症候学-レビー小体型認知症と前頭側頭葉変性症-」.第109回日本精神神経学会学術総会, 福岡, 5月23-25日,  2013

Ⅴ-20)(教育講演)池田 学. 教育講演ベーシック: 前頭側頭葉変性症(FTLD)の診方. 第54回 日本神経学会学術大会,東京,5月29−6月1日,2013

Ⅴ-21)(シンポジウム) 橋本 衛.BPSDの発現機序の解明と治療法・対応法;Up to date.「認知症に伴う嫉妬妄想の臨床特徴とその対応法」.第28回日本老年精神医学会総会,大阪,6月4-6日,2013

Ⅴ-22)(Debate Session)  橋本 衛.BPSDに対する薬物治療.「BPSDに対する薬物療法において抗精神病薬は必要である」.第28回日本老年精神医学会総会,大阪,6月4-6日,2013

Ⅴ-23)(シンポジウム) 福原竜治. シンポジウム: 愛媛県認知症疾患医療センターの現状と課題「熊本大学における基幹型認知症疾患医療センターの取り組みについて」. 第30回愛媛県精神神経学会,松山,6月8日,2013 

Ⅴ-24)(シンポジウム) 池田 学. シンポジウム:褥瘡の危険因子を作らないための取り組み「認知症の予防について」. 第15回 日本褥瘡学会学術集会,神戸,7月19日,2013

Ⅴ-25)<認知症予防学会浦上賞>(ポスター発表)丸山貴志池田 学.悪質商法の被害にあった経験のある認知症患者について. 第3回日本認知症予防学会学術集会, 新潟, 9月27-29日,2013.

Ⅴ-26)(シンポジウム) 池田 学. シンポジウム:認知症の病態と治療薬の動向「レビー小体型認知症と前頭側頭葉変性症の病態と治療」. 第23回日本臨床精神神経薬理学会・第43回日本神経精神薬理学会 合同年会,宜野湾市,10月24−26日,2013

Ⅴ-27)(シンポジウム) 石川智久. シンポジウム3::誤診「認知症の過剰診断・過小評価」. 第33回日本精神科診断学会, 大津,11月7-8日,2013

Ⅴ-28)(シンポジウム) 藤瀬 昇矢田部裕介池田 学. シンポジウム4 認知症の幻覚妄想「コタール症候群と認知症の抑うつ」.第32回日本認知症学会, 長野, 11月8-10日,2013.

Ⅴ-29)(シンポジウム) 福原竜治池田 学.前頭側頭葉変性症.「アジアにおけるFTLDの家族性について−欧米における調査との比較を中心に−」.第32回日本認知症学会学術集会,松本,11月8-10日,2013


6. 教室主催学会・研究会

2013年(平成25年)
第32回日本社会精神医学会. KKRホテル熊本, 3月7日-8日, 2013

« 2014 | 研究業績トップページへ | 2012 »

熊本大学医学部附属病院 神経精神科 医局 〒860-8556熊本市中央区本荘1-1-1診療のご予約・お問い合わせは、熊本大学医学部附属病院 外来予約センターTEL.096-373-5973(受付時間:午前9時〜午後5時)

私たち熊本大学神経精神科は、社会問題にもなっている認知症、最近の自殺の増加で注目をされているうつ病、自閉症を中心とする発達障害、新しい薬物療法と生活支援により社会復帰が主要な治療目標となった統合失調症、などを取り扱う精神科医療専門の診療科です。当科では、バランス感覚のとれた優秀な若手精神科医の育成を目指しています。県内外の関連病院の全面的な協力のもと、様々な精神科医療の現場を経験できる研修システムを構築しています。研究に関しては、様々な場所で臨床ならびに研究のキャリアを積んだ教官のもと、若い先生方の研究意欲にも幅広く対応できます。