ニュース|熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学講座ページ
ニュース|熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学講座ページ
ログイン中

ニュース

[最新記事]

[カテゴリ別記事]

[月別記事]

 この度、うつ病に対するニューロモデュレーション(神経調節)治療の一環として.、保険診療として熊本県内では初めて、九州内では2番目の反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)を開始しました。
 日本精神神経学会が策定した適正使用基準に基づき、NeuroStar TMS(Neuronetics)を用いた治療となります。
 既存の抗うつ薬による十分な薬物療法によっても、期待される治療効果が認められない、中等症以上の成人のうつ病の患者さまが適応となります。外来診察および各種検査で適応を検討し、当院西病棟2階(神経精神科)入院にて実施します。ご希望の方は、当科外来へお電話(096-373-5566)でご相談ください。なお、重症例については、修正型電気けいれん療法(ECT)の適応となります。

 

次の記事はありません | 前へ »

[最新記事]

[カテゴリ別記事]

[月別記事]

ページトップへ